ジタバタOLのすべて

人生は常にジタバタしている。我ながら文章の才能本当にある。モノカキの依頼はいつでもTwitterでウェルカムです。

私の損益分岐点

新卒のときに「損益分岐点」という言葉を習って、あまりに耳慣れない言葉で心に残ったものでした。

こんばんは。

 

会社に嫌いな人がいて、我田引水みたいな人なんだけど。

憎まれっ子世にはばかるとは本当にこのことかと思う。

そんな人なので、通常社員では得られない権益をお持ちで、見るたびに嫌いだなと思っている。

 

お金を多くもらいながら人に仕事押し付けるのクソだなと思ってるんだけど、人に押し付けて自分の手柄にするからお金がもらえるんだなぁと思ったり。

 

お金は私よりも全然もらっているわけだが、人間として全く尊敬できない。

なんだろ、転売ヤーを見ている気分になる。

お金と引き替えに品とモラルを失っている感じ。

 

もちろん、お金は大事だし、私も昨日気づいたほんのちょっとの昇給がすごく幸せで「お金にまさるモチベーションなんてないんじゃないかな」と思った。

 

思ったけど、お金に換えてしまいたくない正義感や価値観があるなと思って。

そうすると幸せっていうのは本当にお金だけでできていなくて、例えば全くお金にならなくても自分が話を聞いて励ました人が元気になる方が嬉しいなとか、自分が書いた文章や生けた花が誰かに認められたり救ったりしたほうが私には幸せかもなぁなんて思った。

 

もちろん、サムマネーありきの話なんだけど。

 

休職してからお金のことばかり考えていて、「なんて赤字経営のどうしようもない資本な私!!!」と卑屈な気持ちになることが多かったんだけど、幸せを感じることは明らかに休職時点と今で比べたら今が多いわけで、私の幸せの損益分岐点は結構黒字経営なのでは、と気づいた。

 

お金はないけど。

 

そしてお金に余裕がないのに、幸せになれるという自分を獲得したのも非常に強いカードを手に入れたんだなぁと思う。

休職によりキャリアに傷はついたが、私の人生トータルで考えたら得してる。おつりがくる。

 

目の前の欠勤や体調不良や気分に左右されがちだけど(あとムカつく我田引水さん。)、私は幸せだし、ここ最近黒字経営です。

 

気持ちもお金も大赤字で死にたかった日もあったけど、それは大きな投資になったなぁ。

 

よくメンタル不調者に「今のつらいは一生続かないよ。あなたは大事な人だよ。そして今は苦労の先取りをしているだけなんだよ。階段の踊り場が人よりちょっと先に来ただけだって思ってね。そして今撒いた種はきっと未来に芽吹いて何かお花が咲くからね。」という話をこんこんとしている。

 

咲いた花は大輪の薔薇じゃないかもしれないけど、シロツメクサとちょうちょが舞う私の原っぱ。

 

きれいで疲れた人を憩うこもれび溢れる素敵な野原になりました。

 

今日もいい日だった。おやすみなさい。