ジタバタOLのすべて

人生は常にジタバタしている。我ながら文章の才能本当にある。モノカキの依頼はいつでもTwitterでウェルカムです。

ありがとうの聞けない仕事

なんでこんなに仕事好きじゃないかなー

こんばんは、ジタバタOLです。

もはやOLでもありたくないし、ジタバタもしたくない。

とはいえ、富豪から扶養家族になってよ!と言われたらキレ散らかす自信があるので、やっぱり仕事は嫌いではないんだと思う。

だって富豪に信頼はおけないもん。

他人は変わるし裏切る。

自分の方がまだ信じられる。

ああ睡魔に襲われてもう書けない。

書けないけど、ありがとうを言われない仕事はちょっと寂しい。

同じ事務作業でも相手が見えるものと見えないものじゃ全然違う。

今の仕事は手続きとかが多くて、会社の中で絶対必要な仕事だけど、ありがとうは聞けない。

でも、体の各臓器だって「感謝されないので胆液の分泌はボイコットします」とか「おへそに転職したいです」とか言わないもんね。

だから粛々とやればいいんだけどさ。

楽しくないんだよなー

そして楽しくないことを割り切れないんだよなー

今の仕事嫌いだし向いてないってことに立ち止まって思考停止させて、自分を責めずに健康であることに注力してきたが、もうそろそろ次のステップに行かないといけない気がする。

今の仕事が何か私の将来の伏線になってることは間違いないんだけど、いつかなんか役に立つとぼんやり信じるだけじゃ目の前の嵐に耐えられないんだよね。

どうしたもんかなぁ。

ありがとうを聞きたい。

新卒みたいなこと言ってらぁ。

バタ子でした。

明朝は月と土星木星が急接近だよ。

みんな早起きしようね。

口癖の変化から見る定点観測。

 母の日も近くなり、新緑のきたるや、ハレルヤー!

こんにちは、ジタバタOLです。

jitabataol.hatenablog.com

 

今日は割と元気なので、最近思ったことを書いてみようと思います。

 

上の記事は去年書いたんですけど、母の日に「母になれないかもしれない私」にひどく落ち込んでいたんだなぁと思います。

最近は、段々一人で生きていくことを受け入れつつあります。

婚活アプリにゆるく登録してて、いろんな男性とやりとりしてますが、恋愛は喜びも大きいけど面倒くささも付きまとうので幸せを突き詰めると一人!みたいなことも思ったり。

 

日々のよしなしごとを話せる友人がいれば、幸せは担保できるしな。

(別に私の幸せのために担保してるっていうつもりじゃないよ!

 単純に、友達は幸せの必要条件だという話。)

 

子どももすごくほしいけど、年齢的にも産めるかわかんなくなってきたので

産めないなら、親子のようなリレーションシップを築ける子どもがいたら別に血がつながってなくてもいいんじゃないかと思ったり。

 

自分への野心がなくなった感じがする。最近とみにそう思う。

 

今日書こうと思った、口癖についてなんだけど、口癖ってその時の自分の状況をよく表しているなぁと思う。

 

大学時代は「おうちに帰りたい。」が口癖で実家でもよく言ってた。

よく母に「ここ以外のどこに帰るのよ!?」と突っ込まれていたな。

 

あとコレは今でもよく言うんだけど

「なんていうのかな。。」っていうのはすごく口にしている。

言葉を脳内で探してキャッチしてからしゃべる感じ。

的確な表現を探しているときもあれば、本当になんて表現したらわからないときもある。

 

鬱っぽい知人が「なんていうのかな。。」を連発していて、ふぅん!と思った。

思考力が落ちてたり落ち込んでたりすると出てくる口癖なのかなぁ。

他人の口から聞くと、また別の印象をもつから分析しやすい。

 

それから鬱がひどいときは「死んじゃいたい。」「消えちゃいたい。」

わかりやすいねw

 

2014年~2018年くらいまでは「タバコ吸いたいなぁ」「ころすぞ」「クソが」

タバコ吸いたいなぁは、吸ったこともないのになぜかよく口にしていた。

なんとなくやるせないとかめんどくさいとか気だるい時、口をついて出てた。

残りの2つは、独り言で家で言うとか心の中でよく言ってましたね。

そういえば、最近これら全て言わなくなりました。

よかったねw

 

最近は「なんか」「まぁ」「なんとなく」「一旦」あたりをよく使いますね。

問題を先送りしている感がするなw

言葉が大好きなわりに言葉に出来ないことが多いんだなと思う。

 

口癖ってその人の流行語大賞なわけで、結構そのときの心情を反映している。

逆に言うと、口癖を決めちゃえば持っていきたい心情や状況を引きよせるなと。

 

 

くちよせ~~~!!!!

(IKKOさんで再生してください。)

 

自宅のPCのパスワードは好きな言葉にしているんだけど、日常的に使う言葉でいい言葉を選ぶって大事なことだなと思う。

 

というわけで、口癖を決めちゃう→あれ、いつのまにいい感じになってる!をめざして、あえて自分で口癖を決めてみようかなと思いました。

 

兄が中学受験生の時、ずっと「オイラは受かって、◯◯は落ちる♪」と毎日歌っていて

(◯◯は同じクラスの優秀な友人の名前)

実際そのとおりになってしまったことがあり、本当に言葉というのは侮れない。

模試の結果は兄のが悪かったのに。

 

根拠のない自信って大事だよなー。

 

最近、俳句を書いてるんだけど、俳句も毎日書いてると不思議なことに目や耳が日常の季節と美しいことを探しに行くんだよね。

 

無意識で探しに行くから、それが実際起きたことじゃなくてもイマジネーションの世界とか日常のちょっとしたこととかからね美を取り出してくるんですよ。

まさにセンス・オブ・ビューティー

 

ちなみにセンス・オブ・ワンダーも大事。

jitabataol.hatenablog.com

 

私はひとつのできごとから拡散して発想が広がっていくタイプなんだと思う。

波及力が強い。だからいろんなこと思いつく。

 

俳句は本当に私のような感性と感受性で生きている人間からすると、かなり健康に良い。

 

そんなわけで、なんか口癖ね、考えたいんだよね。

何がいいかなぁ。

 

「楽しみだね!」とかもいいかな。

 

「なにそれ、おもしろそう!」とか。

 

仕事で嫌なことがあったら全部「なにそれ、おもしろそう!」ってひとまず言ってみる。

社畜感やばいかしら。「お元気様です!」と同じニオイがするねw 

 

「いいことあるかな~♪」とか。

 

特に言葉に乗せなくても、ハミングを日常的に取り入れるのもいいかも。

不機嫌になりながらハミングってできないからね。

 

jitabataol.hatenablog.com

 

ひとまず、賛美歌のハミングからはじめよう。

みんなの口癖もきになるな。

 

バタ子でした。

 

婚活と謙虚さ。

コロナ禍の今、オンライン婚活が盛況のようで。

お久しぶりです、ジタバタOLです。

昨日婚活アプリで出会った人と電話してみたんですが、まぁハズレな男でして(メッセージやりとりはよかったのに。)ガッカリしました。

と同時に、やっぱり話してみないとわからないし話すだけなら電話でいいなと思いました。会うとコスパ悪い。

電話だと楽チン。

ものすごく「俺の価値観をわかってくれ!」って言う人で、やばいやつだなと思ったね。

なるほどなー努力が足りないとはまさにこのこと。

相手を受け入れないとだめだよね、まずは。

話し合う余地がないもん。

価値観の主張ばかりされたら。

そして、こういう価値観の俺を受け入れてくれ!っていう男性に感じる虚勢とマザコン感はなんなんだろう。

俺は普通だと思ってるけど〜!とか多用。

自己愛が強いが他者から受容されないが故に、さみしさからやたら価値観の正しさを主張。

そしていつも受け入れてもらえないことを喧伝。

莫迦め。

謙虚さについて大いに学ぶ機会になりました。

自分もこういう風にみられてないかな、と考えてしまったよ。

バタ子でした。

自堕落がすき

小さい頃に入院していた経験があるからか、はたまた友達が少ないからか、家にいて何もしないのが好きだ。

というか家にいて何かするのが苦手だ。

座るのも疲れるし寝てたい。

もう会社にいる時に8時間弱座ってるんだから休日は座りたくない。

自堕落に過ごすのって最高。

思うに私は究極の努力嫌いなんだと思う。

気の向くままに生きていたい。

夢中になってやるのは好きだけど、嫌いなことをやるのは嫌だ。

自堕落でもそれが幸せなら、それでいいなーと思いながら生理痛に悶えています。

生きていくのはしんどい。

コロナで私を思い出す。

コロナによる外出自粛要請がでてから早3週間。

我慢しないといけないことが増えたがストレスの山場は一旦超えたように思う。

 

美術館に行けないのも慣れたし、スタバに行けなくてもなんとかなっている。

ランチの選択肢は減ったし、百貨店がやってないのはつまらないけど、もともと物凄く浪費家ってわけでもないからアパレルや雑貨屋さんが閉まっていてもそこまで困らない。

ハイヒールの踵直したくなったら困るなぁ、とか思わなくはないけど、そもそもの外出頻度が減ってるし、ハイヒールも常々こまめにメンテに出しているので、すぐにすり減ることもなさそう。

 

トイレットペーパーだけ枯渇したらどうしようと心配していたけど、今日ラッキーなことに並ばずに買うことができたし(たまたま通りかかったらまだ在庫があった。)一旦すぐすぐの心配事はなさそうだ。

 

日本経済の衰退とか政府の対応のイケてない具合とか、社会に目を向ければ心配事もあるけど、私自身は普段地味に暮らしていたので、そこまで暮らしに変わりがない。

 

美味しいパンも買おうと思えば買えるし、お花屋さんも閉まってないし、近所を散歩してシロツメクサの写真を撮ったり、地味な幸せを噛み締めている。

今日はよく晴れていて東京に雲はなかったけど、遠くの山々の尾根の上にはゆったりとした雲が鎮座していて、非常に気持ちの良い日である。

世界はコロナが流行っていても美しいな。

 

そこそこ病弱というか貧弱な子どもだったので、何度か入院したことがあるのだけど、入院しているときと今はなんとなく状況が似ている。

仕事で神経内科の病院に行ったときに見かけた、ALSの入院患者さんを見てなんとも言えない気持ちになったのを思い出す。

 

元気で頭も働いているんだけど、入院は必要でヒマだからマンガ読んだり折り紙したり詩を書いたりして過ごしていたな。

 

私はあまりエネルギーのない子どもだと思うんだけど、昔から色んなことに諦観があるのかもしれない。

 

兄のように、口達者でクラスの人気者にはなれなかったし

運動も図工も音楽もそんなにできないし

小学校時代は不登校とイジメの歴史だし

中学受験は失敗したし

せっかく入った第一志望の高校は馴染めなかったし

父の期待にはいつまでも答えられなくて辛かった。

体は強くなく、コミュニケーション能力も高くない。

 

私の瞳は昔から暗いのだけど(よく見た目マジメだねとか落ち着いてるねと言われる)「人生徒然だしうたかた、神は死んだ」が根底に流れてるからではなかろうか。

 

 

相変わらずとりとめない雑記になってしまったけど、まぁ何が言いたいかと言うと、諦観のおかげでコロナに関する落ち込みはそこまでひどくない、ということ。

 

あと家の中で引きこもって何もしないのは結構好きだということ。

非生産的に生きる罪悪感を感じるからもやもやするんだけど、何もしないことが幸せ。

ひたすらTwitterWikipedia見る幸せ。

 

思うに、外出すると世の幸せそうな人々を見て私は辛いんだと思う。

いいなぁ、カップルで映画見られて、とか。

子どもがいて羨ましいなぁとか。

 

いま婚活もしてないし恋人もいないから、寂しく思うこともないし

家で仕事するのも困ることがひとつもないし(シェアハウスや同居人がいたら結構たいへんだと思う。ペットとかもだけど。)、足りない人生のおかげで足りてるというか煩わしさがない。

恋愛があると喜びもめちゃくちゃ大きいけど、辛い悲しいも深い。

 

最近、性欲は困ったなぁとは思うけど、一人で生きることを受け入れつつある。

心のどこかで「こんなはずではなかった」とは思ってるし、周りの友達は順調に結婚出産していく中で自分がずっと独身でいることは、なんだか添え物の人生のように思ったりする。

 

なんか漫画とかで主人公キャラは割と幸せになってて、その友達のサブキャラでいる独身キャラみたいな。

スピンオフで主役にならないこともない、みたいな。

 

なんか野心や成長意欲がなくてだめかなぁという気もするんだけど、最近色々悩むことにも疲れて「もういいんじゃないかな。自分ひとり食わして生きてるんだから。」という気もしてきた。

 

私は誰かのお嫁さんになって被扶養者家族として生きる道は用意されてなかったけど

自分一人食わせる力はなんとかどうやら世の中の優しさに甘えながら持たなくもない、みたいな。

 

世界一周旅行もできないし、スイートダーリンとスイート10を寿ぐ未来もなさそうだし、孫娘と一緒にケーキを食べに行く夢もついえてしまったように思える。

 

でも、もう生きてて、労働して、納税して、自分のご機嫌とって、多少経済回して生きてたら、もういいんじゃないですかね?

 

少なくとも、私はわたしの周りの人を多少はしあわせにする力があるし。

 

私の中に善なるものは確かに育ててきたし、育っているし、華やかなバラではないかもしれないが、心の原っぱに咲いて風に揺られていると思うのです。

 

 

結婚できない自分、子どもが得られない自分を可哀想で惨めだと思っているし

きっと結婚したい子どもがほしい呪縛からは本能的にも逃れられないと思うけど

私の心のひだまりの縁側や原っぱはこれからも消えないし

私を大切にしてくれる人が先立ってしまったとしても、

私が誰かを無償の愛で包めれば、ぽかぽかあたたかいのではないでしょうか。

 

そんなことを思いながら、道に咲くちいさな花々に心を寄せています。

 

私の心の原っぱ。

 

 

 

 

 

リモート備忘録

週何日かのリモートワークを始めました。

一長一短あるなぁという感じ。

ものすごく集中できる。

誰にも邪魔されない幸せ。

電話が鳴らない。

昼休みも退勤後もすぐにベッドにダイブできる。

化粧しなくてよい。

御行儀悪くてもよい。

その一方で

電話したいときは困る。

自制心がないと集中力切れた後が辛い。

腰が痛い。

仕事に適したデスクではないので手狭。

パソコンの持ち帰りが怠い。

などがあります。

個人的には今みたいに週何日かリモートする働き方をしていきたいなー。

通勤がないって幸せ。

バタ子でした。