ジタバタOLのすべて

人生は常にジタバタしている。我ながら文章の才能本当にある。モノカキの依頼はいつでもTwitterでウェルカムです。

コロナで私を思い出す。

コロナによる外出自粛要請がでてから早3週間。

我慢しないといけないことが増えたがストレスの山場は一旦超えたように思う。

 

美術館に行けないのも慣れたし、スタバに行けなくてもなんとかなっている。

ランチの選択肢は減ったし、百貨店がやってないのはつまらないけど、もともと物凄く浪費家ってわけでもないからアパレルや雑貨屋さんが閉まっていてもそこまで困らない。

ハイヒールの踵直したくなったら困るなぁ、とか思わなくはないけど、そもそもの外出頻度が減ってるし、ハイヒールも常々こまめにメンテに出しているので、すぐにすり減ることもなさそう。

 

トイレットペーパーだけ枯渇したらどうしようと心配していたけど、今日ラッキーなことに並ばずに買うことができたし(たまたま通りかかったらまだ在庫があった。)一旦すぐすぐの心配事はなさそうだ。

 

日本経済の衰退とか政府の対応のイケてない具合とか、社会に目を向ければ心配事もあるけど、私自身は普段地味に暮らしていたので、そこまで暮らしに変わりがない。

 

美味しいパンも買おうと思えば買えるし、お花屋さんも閉まってないし、近所を散歩してシロツメクサの写真を撮ったり、地味な幸せを噛み締めている。

今日はよく晴れていて東京に雲はなかったけど、遠くの山々の尾根の上にはゆったりとした雲が鎮座していて、非常に気持ちの良い日である。

世界はコロナが流行っていても美しいな。

 

そこそこ病弱というか貧弱な子どもだったので、何度か入院したことがあるのだけど、入院しているときと今はなんとなく状況が似ている。

仕事で神経内科の病院に行ったときに見かけた、ALSの入院患者さんを見てなんとも言えない気持ちになったのを思い出す。

 

元気で頭も働いているんだけど、入院は必要でヒマだからマンガ読んだり折り紙したり詩を書いたりして過ごしていたな。

 

私はあまりエネルギーのない子どもだと思うんだけど、昔から色んなことに諦観があるのかもしれない。

 

兄のように、口達者でクラスの人気者にはなれなかったし

運動も図工も音楽もそんなにできないし

小学校時代は不登校とイジメの歴史だし

中学受験は失敗したし

せっかく入った第一志望の高校は馴染めなかったし

父の期待にはいつまでも答えられなくて辛かった。

体は強くなく、コミュニケーション能力も高くない。

 

私の瞳は昔から暗いのだけど(よく見た目マジメだねとか落ち着いてるねと言われる)「人生徒然だしうたかた、神は死んだ」が根底に流れてるからではなかろうか。

 

 

相変わらずとりとめない雑記になってしまったけど、まぁ何が言いたいかと言うと、諦観のおかげでコロナに関する落ち込みはそこまでひどくない、ということ。

 

あと家の中で引きこもって何もしないのは結構好きだということ。

非生産的に生きる罪悪感を感じるからもやもやするんだけど、何もしないことが幸せ。

ひたすらTwitterWikipedia見る幸せ。

 

思うに、外出すると世の幸せそうな人々を見て私は辛いんだと思う。

いいなぁ、カップルで映画見られて、とか。

子どもがいて羨ましいなぁとか。

 

いま婚活もしてないし恋人もいないから、寂しく思うこともないし

家で仕事するのも困ることがひとつもないし(シェアハウスや同居人がいたら結構たいへんだと思う。ペットとかもだけど。)、足りない人生のおかげで足りてるというか煩わしさがない。

恋愛があると喜びもめちゃくちゃ大きいけど、辛い悲しいも深い。

 

最近、性欲は困ったなぁとは思うけど、一人で生きることを受け入れつつある。

心のどこかで「こんなはずではなかった」とは思ってるし、周りの友達は順調に結婚出産していく中で自分がずっと独身でいることは、なんだか添え物の人生のように思ったりする。

 

なんか漫画とかで主人公キャラは割と幸せになってて、その友達のサブキャラでいる独身キャラみたいな。

スピンオフで主役にならないこともない、みたいな。

 

なんか野心や成長意欲がなくてだめかなぁという気もするんだけど、最近色々悩むことにも疲れて「もういいんじゃないかな。自分ひとり食わして生きてるんだから。」という気もしてきた。

 

私は誰かのお嫁さんになって被扶養者家族として生きる道は用意されてなかったけど

自分一人食わせる力はなんとかどうやら世の中の優しさに甘えながら持たなくもない、みたいな。

 

世界一周旅行もできないし、スイートダーリンとスイート10を寿ぐ未来もなさそうだし、孫娘と一緒にケーキを食べに行く夢もついえてしまったように思える。

 

でも、もう生きてて、労働して、納税して、自分のご機嫌とって、多少経済回して生きてたら、もういいんじゃないですかね?

 

少なくとも、私はわたしの周りの人を多少はしあわせにする力があるし。

 

私の中に善なるものは確かに育ててきたし、育っているし、華やかなバラではないかもしれないが、心の原っぱに咲いて風に揺られていると思うのです。

 

 

結婚できない自分、子どもが得られない自分を可哀想で惨めだと思っているし

きっと結婚したい子どもがほしい呪縛からは本能的にも逃れられないと思うけど

私の心のひだまりの縁側や原っぱはこれからも消えないし

私を大切にしてくれる人が先立ってしまったとしても、

私が誰かを無償の愛で包めれば、ぽかぽかあたたかいのではないでしょうか。

 

そんなことを思いながら、道に咲くちいさな花々に心を寄せています。

 

私の心の原っぱ。

 

 

 

 

 

リモート備忘録

週何日かのリモートワークを始めました。

一長一短あるなぁという感じ。

ものすごく集中できる。

誰にも邪魔されない幸せ。

電話が鳴らない。

昼休みも退勤後もすぐにベッドにダイブできる。

化粧しなくてよい。

御行儀悪くてもよい。

その一方で

電話したいときは困る。

自制心がないと集中力切れた後が辛い。

腰が痛い。

仕事に適したデスクではないので手狭。

パソコンの持ち帰りが怠い。

などがあります。

個人的には今みたいに週何日かリモートする働き方をしていきたいなー。

通勤がないって幸せ。

バタ子でした。

苔はむしてるローリングストーン

沈思黙考じゃいられない。

こんばんは、ジタバタOLです。

非常に内省的なんですけど、その一方でジタバタもがいたり常にのたうちまわっているので、苔はむしてるローリングストーンだなって自分について表現しました。

ら、それを聞いてた仲良しの鍼灸師の先生に

「苔はがれないで転がる石www

しかもその転がり方も普通じゃないですよね。

 軌道もおかしそうwww

はー、いいなぁ。かっこいいじゃないですか」

とバカウケしました。

普通ジタバタしないから苔むすんですけどね。

まじブログのタイトルのとおり日々ジタバタしてますよ。

丁寧な暮らし、どこいった?

なんでこんな不器用でややこしいことになってしまったのか。

もっと素直に、学生時代から付き合ってた彼氏と適齢期に結婚して子供産んで専業主婦なる未来もあったのでは?

そんなことをひとりごちましたが、これまた件の鍼灸師さんに、「バタ子さんは口ではそう言うけど、それを望んでない。」と言われて、ほんとこの人私のことよくわかってんな。

バカとハサミは使いようって言うんでね。

苔むしローリングストーンもどこか役に立つ場所はありそうな気がするよね。

ある意味、実利では役に立ってないが、友人たちに私という人生をコンテンツ提供してる感じは凄くあるな。

実利にはならんけど、イベントがよく発生してて対岸の火事で面白い的な。

もしくは現代アート的な。

なんか刺激を受ける無意味が意味を持つもの。

そんな特別なものではなくて、路傍の石って自覚して生きたらラクなんだろうなぁ。

せめて路傍の花になりたい。

スミレがいいかな。

こうして今夜も苔がむすまで転がり続ける思考と私。

苔むしてる巌じゃなくて、まだバンビーナなさざれ石かもしれないけれど。

苔むしローリングストーンの使いどころを募集中。

どしどしご応募ください。

おやすみなさい、バタ子でした。

いいえ、私は金持ちの娘~♪

お気のすむまで笑うがいいわ~♪

 

 


♫ さそり座の女 ♫ 美川憲一

 

さそり座の女のメロディにのせてタイトル読んでください。

こんばんは、ジタバタOLです。

 

マジでメンヘラ卒業したくて、カウンセリング増やすことにしたんですけど(通院はコロナの影響で出来なくなった。薬は余分にもらった。)ひとまず「自分の理想はなにか」という宿題がでてて、それを今日は話し合ってきました。

 

定性的な理想しか出てこなかったんですけど、とにかく私はマイペースでいられるのが快適で理想なんだと思った。

カウンセリングは恥や外聞を全部捨てて、自分の理想を話したので、かなりわがままなことになったんだが、そういうものだと思って以下ご笑覧ください。

 

まず、理想を考えるという宿題を1週間前にもらったのに腰を据えてちっとも考えなかったんですよ。で、仕方ないから、今日カウンセリングに向かう道すがらで考えようとしたんですけど、仕事帰りってこともあり全然落ち着いて考えられないわけです。

 

で、そのときに私が思ったことは「こんなふうに焦って考えた理想など、本質ではない。」だったんですね。

これは一理あるんだけど、別にあるきながらでも本質にたどり着けるわけで、この一言には「私らしさ」が凝縮されていると思った。

 

つまり何事も「じっくり考えたい。納得して動きたい。丁寧に進めたい。」

「こだわり」がかなり強い。

 

そんなことは前々から知ってたし、仕事とは「6割でさっさと進めるべきもの」だから、マイペースにやりたいっていうのは仕事上は考えちゃいけないと思っています。

でも本質的には「究極のマイペースで生きていきたい」なので、仕事してると乖離が激しいわけです。

環境適応できない。だから適応障害なのかw

 

今の仕事は、色んな重いタスクが同時並行で動きつつ、突発業務と細々とした定例業務があるため、何にもじっくり取り組めない。

 

社会人歴10年になるのに、未だに克服できない。

転勤中はなんとかなってたことを考えると、今はキャパオーバーだからできないだけで、多少はできるのかもしれないけど。

 

あと、理想を考える上で「小さい頃好きだったこと」をカウンセリングで話してたんですけど、そこには私のすべてがこれまた凝縮されていた。

エッセンスは変わんないな、って感じ。

 

・幼稚園の時から落ち込んでる友達を励ます

・お片付けをしてからじゃないと次の遊びに移れず、お片付けしない友達を疎ましく思っている

・いいたいことは必ず言う

・主張がはげしい

・幼稚園の時、がっこうの先生になりたかった

・学校帰りに花をつんで母にプレゼント

・小学生の時、詩人になりたかった

・高校生の時、ウィンドウディスプレイヤーになりたかった

・祖母が部屋を季節ごとに装うのを見つけるのが好き

・自分も部屋の小物をこちゃこちゃ飾って箱庭みたいにするの好き

・祖母のようなおばあちゃんになりたい(丁寧な暮らしをしている)

・長文読解が得意

・作文も褒められ続ける

 

ざっとこんな感じ。

そして理想の生活は、ターシャ・テューダー

何百ヘクタールの庭の世話して、ろうそく作って、息子?夫婦や孫に囲まれて暮らしていて、自分の書いた絵本で稼ぎまくる。旦那の影が薄い。最高。

(私はターシャと違って、一生東京にいたいけど。) 

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(字幕版)

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(字幕版)

  • 発売日: 2017/12/13
  • メディア: Prime Video
 

 

 

おなじくエクセレントばあちゃんでも、アイリス・アプフェルは憧れない。

あの人はドキュメンタリー映画見たけど、虚無から逃れるために一生懸命仕事してる感じがして尊敬はするけど憧れはしなかった。

 

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー(字幕版)

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー(字幕版)

  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: Prime Video
 

 

そんな感じで棚卸ししました。

で、カウンセラーにダラダラ喋りながら気づいた。

「私って、、私って、、本当に金持ちの娘!!(発想が)」

 

いや、金持ちの娘でも立派な人はたくさんいるのでひとくくりにしたらごめんなんだけど、私が好きなこと・状態って「丁寧な暮らし」って感じで、仕事の影も形もないなと。

 

仕事好きだと思ってたし、まぁ働くの嫌いじゃないと思ってる。

苦痛ではあるけど、専業主婦になるっていう発想が私にはないし、結婚したくてたまらないけど「仕事をやめてくれ。俺と結婚しよう。一生養ってやる!」って言われても、正直あんまり嬉しくない。

(別に専業主婦の人をとやかく言う意図じゃないです。)

 

だから仕事への思い入れも強いし、思い入れが強いから病んでるように思ってたんだけど、理想を考えてたら仕事について全く出てこなくて。

今やりたい仕事が思いつかないっていうのもあるんだけど。

インタビュアーとかはしてみたいかも。

徹子の部屋に出たいと思ってたけど、どっちかっていうと徹子の部屋をやりたいのかも。

 

少しずつカオスだった理想に濃い薄いがでてきて、ビッグバンの気配がする。

 

いいえ、私は金持ちの娘~♪

お気のすむまで笑うがいいわ~♪

あなたは遊びのつもりでも

地獄の果までついていく

おもいこんだら命 命 命がけよ~

 

バタ子でした。

 

 

今春が来て君は。

きれいになったんですかね?

そういえば週末はなごり雪でしたし。

こんばんは、ジタバタOLです。

寒い新年度のはじまりとなりまして、冬のコートを着て出掛けました。

私は普通の新卒としての思い出があまりなくて、最初に変な会社入っちゃったから大して新卒らしい思い出がない。

なので、春に新卒を見ると楽しそうだなぁと思ったりします。

会社は関係なく、私自身の見た目が老けすぎてて新卒には見られない22歳だったけど。

今の部署は新卒が入ってこないので、フレッシュな風も入ってこないけど、新卒に手を焼くこともなく。

社内顧客に新卒が入るため、関わりゼロではないけど。

しかし疲れたな、今日は。

春が来て綺麗にはならないよ、人間。

まぁでも、ちょっとは昨春よりマシになってるようにボチボチやろうと思います。

あーつかれた!!!!

ゴーストタウン東京から見えてきたもの。

雪やこんこ アラレやこんこ

おはようございます、ジタバタOLです。

 

私、東京育ちの東京大好きっ子なんですね。

転勤してから、より東京のかけがえなさと便利さに愛おしさ増しちゃった系女子。

 

特に表参道・青山あたりは定期的におさんぽしているエリアなのですが

昨日の表参道は非常に近年稀に見るゴーストタウン感が漂っていました。

もちろん、用事があったから出かけていったわけですが。

 

何をもって外出自粛を成功とするかはわかりませんが、とにかく本当に人がいなかった。

元旦に歩いたときはもっと活気づいてた。明治神宮近いってのもあるかもしれないけど。

 

出かけてる人は若者は殆ど見なかったように思います。

電車では見かけたけど。

どちらかというと30代~50代くらいの人が多く、ほぼ全員1人で歩いてました。

紀ノ国屋では家族?夫婦?でお買い物している人もいたかな。

品薄商品はあるものの、棚ががらがらということはあまりなさそうでした。

 

夕方の曇ってて寒い時間にでかけたこともあって、非常に雰囲気がでてました。

人がいなくて、薄暗くて寒くて風が強くて、その中で光るブランドショップたちのショーウィンドウ。

表参道ヒルズも路面側の照明は落としてないけど、館としてはもちろん閉まっている。

 

今回の外出自粛要請を受けて、ほとんどのデパートや商業施設が臨時休業している中、ヴィトンやディオール路面店はオープンしていた。

 

デパートの臨時休業のニュースを見ながら「テナントとして入っているお店は大変だなぁ。デパートが閉めるって決めたら否応無しに閉めないといけないもんな。」と思っていたのだが、こういうときに旗艦店というか自己店舗を持ってるっていうのは、ある意味強いんだなと思った。

路面店含め、閉めたほうがコストダウンでいいのでは?と思ってたけど知り合いの飲食店の人に聞いてみたところ、そういうわけでもないらしい。

 

「家賃や人件費は固定費としてかかるから、どうせなら店開けて少しでも売上立てたほうが良い。もうすでに今月の赤字は決まっているのだから。」

 

その日1日開けたら、売上ゼロということはありえないから、ということなんだろう。

既に斜陽の百貨店業界のなかで臨時休業しなかった各社(三越伊勢丹、西武、東武など)は、相当経営が厳しいんだろうなと推して量るべし。

開店することにより、世間から厳しい目で見られようが背に腹は変えられぬといったところだろうか。

 

最近、仕事をどうしたもんかと思っているのだが、このような危機に直面したときに飲食業やアパレル、エンタメ業界のように「プラスアルファ」の役割を担ってくれている職業は非常にリスキーなんだなと思った。

そう思うと、公務員の安定性というのも心から納得してしまうな。

不況に強い産業というのはあるが、絶対というものはないよなぁ。

私はこれからどのように食い扶持を確保しながら、自由に生きられるかな。

大不況に陥りそうな今、考えずにはいられない。

 

街をあるきながら、何度も歩いた表参道を歩きながら、色んなことを思い出した。

お店が閉まっていても、ファッショナブルで情報と可愛いと文化が集まる東京は唯一無二で、私はやっぱり東京が好きだ。

 

孤独で辛くても、東京で生きていきたい。

バタ子でした。

 

 

 

カタストロフの時代

心身ともにぺしゃんこですが、なんとか生きています。

こんばんは、ジタバタOLです。

 

コロナウイルスの脅威が差し迫ってきています。

感染経路不明者もいるため、もはやどこもかしこも安全ではない。

自分が保菌者なのかもわからない。

 

正直、こんな歴史の教科書に載ってそうな事態に遭遇するとは思ってなかった。

関東大震災とか世界恐慌とかペストとか、サラサラっと3学期に流れるように習った現代史の出来事が、まるで相似形のように降り掛かっている。

東日本大震災リーマンショックコロナウイルス

(リーマンは世界恐慌より規模小さいだろうけど。)

よく未来人が来て第三次世界大戦が起きて世界は変わった、とかネットに書いてるけど、ここまで歴史が繰り返されると戦争も起きてしまうのではないかという不安にかられる。

 

まずEUが今回のコロナウイルスを経て内部崩壊、そこを取り込む中国とロシア。

戦争したがりのアメリカが政府の失策か不況から目線を反らし戦争特需を生み出すためにイランを砲撃。オイルショック再び、そして深謀遠慮の策で泥沼化する世界。

 

そんなシナリオが見えてきてしまう。怖い。

怖がったって仕方ないんだけど。

 

トランプが躍起になって「武漢ウイルス」とか「チャイナウイルス」と言ってるのもトランプの性格上の問題なのか政治的な発言(何かを隠蔽したい?)のか中国への外交政策の一貫なのかもよくわからない。

一方で、中国が「アメリカがもたらしたウイルスの可能性があるぞ!」とアメリカを名指しで非難するなど、スプラトゥーン並みの応酬が続き、こちらもとても怪しい。

そのような状況を鑑みるに、国際社会はどいつもこいつもポケットに手を突っ込んで銃を握りしめてるような状況なんだなと思う。

 

2018年の冬、森美術館カタストロフと美術の力展を見た。

 

震災や福島原発事故、海外の地震や難民問題、家庭、社会の中のあらゆる「カタストロフ」をテーマにしたアートを扱っており、とても胸打たれる展示だった。

 

アートのおかげで癒やされ慰められるのだなと知った。

それは乗り越えるためのアートであり、忘れないためのアートであり、共感のアートだった。

 

長くなるのでどの作品がよかった、などの詳細は省くが、あの展示はおそらく一生心に残る美術展のひとつだと断言できる。

 

戦争が始まるとアートは戦争に搾取され、戦争のプロパガンダを強いられる。

そんな歴史を繰り返してはならない。

アートは救いの泉であって、争いの鉄槌ではない。

 

そんなことを思っています。不安以外の気持ちに心を動かしていきたい。

おやすみなさい、バタ子でした。