ジタバタOLのすべて

人生は常にジタバタしている。我ながら文章の才能本当にある。モノカキの依頼はいつでもTwitterでウェルカムです。

セックスとは何だろう。

彼氏に「元カレと性的不一致って具体的に何だったの?」と聞かれましたw

 

こんばんは、ジタバタOLです。

仕事始まると、やっぱり筆が遠のきますね。

1月も中盤で、毎年のことながら本当に早い。

 

年末に付き合い始めた彼氏に元カレと別れた理由は性的不一致と伝えてあったんですよ。

 

付き合う前に伝えてあったから、付き合うタイミングから今まできっと嫌なプレッシャーを与えていたのであろうw と聞かれて気づきました。

 

いや、最初にセックスする前に多少思わないこともなかったが。

何度かセックスしたから聞けるタイミングだと思ったのかなぁw

 

改めて元カレの性的不一致を思い出して説明しながら

その経験があるからこそ普通のセックスをありがたいと思えるようになったなと感じた。

 

今の彼氏のセックスも、今までワンナイトしてきた男性たちのセックスも

やっぱり気持ちよさと楽しさで言ったら、20代前半で付き合っていた9個上に敵いませんよw

 

20代前半で性的好奇心旺盛な私とわりとなんでもOKかつ立派な伝家の宝刀を持つ9個上の彼。

 

もう楽しい以外のなにものでもないよね。

性的快楽と愉悦を教えてもらったのは幸福でもあり不幸でもあった。

 

こんなに気持ちよくて楽しいんだ、セックス!さいこー!ってもなったし

 

他の人とセックスしてもたいして気持ちよくないなぁ、ちっ!という変なグルメにもなった。

 

あと私自身が性的好奇心とチャレンジ精神にあふれていたので、それを他の人の前でご披露すると「遊んできた?」みたいな反応されたり。

 

今はセックス期待値のチューニングができたから

「まぁ普通に気持ち良ければあとは愛だぜ、愛!!」と思えるが。

 

でも元カレの性的不一致を説明しながら、今日思い返してたんだけど

性的不一致がゆえに「もうこの人カレシじゃなくてよくない?」と思ってたんだった、当時。

 

一緒にいて楽しくて、しゃべってて楽しくて、一緒に美味しいごはん開拓してグルメ友達でいいじゃん!!!!!!!

 

と思ったのよ、当時は。

上記がどれだけありがたいことかわかってなかったからね。

まぁそれでも性的不一致はきつかったのだが。

 

 

でもやっぱりあの当時、セックスに絶望する人生は選べなかったし

今もあの時の判断は間違ってなかったと思う。当時の私にとって。

 

セックスがなければ、やっぱり恋人と思えないもの。

 

結婚してレスになったりするんだろうけど、はじめくらいはちゃんとセックスしてたいしセックスで幸せな記憶が欲しいです。

 

とかなんとか思いながら、性的不一致の彼とは時々連絡すると連絡がちゃんと取れるのである。

 

ちょうど1年ほど前に、元カレの彼女で来たんだ報告を聞いた私も

彼氏できた報告をしてみました。

 

お互いの幸せを願えたから、出会えてよかった。

性的不一致でも性格は一致。

 

世知辛いね。バタ子でした。