ジタバタOLのすべて

人生は常にジタバタしている。我ながら文章の才能本当にある。モノカキの依頼はいつでもTwitterでウェルカムです。

振られた理由を聞いた、クロワッサン記念日。

2,800文字上限の「私の恋愛」をテーマにした公募のために

文章を書きだしたらさっさと3,000文字を超えてしまった。

 

こんばんは、ジタバタOLです。

振られた理由を聞いてきました。

 

もうしっかりしっかりしっかり振られて

もともとないと知っていた脈が

本当になくて、もう未練がなくなりました。

 

ああ、これはもう最初からムリゲーだったんだな、と。

 

それをわかっててなお好きだったし、思わず告白しちゃったけど

本当に脈がこれっぽっちもなかった。

 

なかったし、改めて話して、

私も告白する前は「嫌いになられたらいやだよフィルター」を

寒天のように通して、彼と接していたのが無くなって、

彼の底が見えたところもあった。

 

優しいと思ってたけど、別に人間だったw

好きな人フィルターが溶けるのって、魔法が解けるのに似てるな。

 

同じように好きだけど、どこか冷静さにキレがある。

 

彼はメンターのように私をここ半年ずっと励ましてくれた人で

私も半年前に比べればそりゃもう大層元気になったのだけど

(この前まで死にたがってたやつが何を言うと思うかもしれないが

 半年前は頭が回らなくて、何も考えられなかったのだ!)

 

彼から、今日

 

「バタ子さんがダメとかじゃなく、自分は人を好きになるという気持ちがわからない」

 

という告白と

 

「バタ子さんが元気になってきたから、巣立つ時期なのかなぁとも思った。」

 

と言われて

 

真偽のほどは横に置くとして、

(あとこれは贔屓目じゃなく、彼は私にうそをついていないと思う。)

 

ああ、私たちはお互いの人生の一場面に登場し、

そして出番が終わったのだな、と思った。

 

 

私が元気になり、素直になり、自分に気づき、前を向き、戦う勇気をくれた。

条件じゃなくて男の人を好きになる自分と出会うことさえできた。

 

もう十分すぎるほど、ケアとキュアをしてもらったんだなと思う。

 

 

今日は彼の誕生日だった。

会うつもりはなかったけど、1時間だけ会える時間ができて

その時間が埋まることがなくて、なんだか私が会える時間が

ぽっかり空いて待っててくれる気がして、会いに行った。

 

振られた理由を聞いて

誕生日おめでとうを言い

わたしたちの共通の好物であるクロワッサンを贈った。

 

サラダ記念日ならぬ、クロワッサン記念日。

 

先生には手紙を書いた。

私は彼の恋人になれなかったし

家族にもなれなかったけど

忘れられない人にはなれたんじゃないかな。

 

それだけでも、告白してよかったと思うよ。

 

私のかけがえない、勇気に乾杯。

きっとこれからの人生もこの勇気で幸せを勝ち取っていく。

ミネルヴァの羽で明日も飛び立とう。

 

おやすみなさい、バタ子でした。