ジタバタOLのすべて

人生は常にジタバタしている。我ながら文章の才能本当にある。モノカキの依頼はいつでもTwitterでウェルカムです。

因果応報

好きだった人(この前告白して振られた)のことを考えてるんですけど

前々回のブログに書いた通り、彼から

「これで縁が切れるのは悲しい」みたいなことを言われていて

 

jitabataol.hatenablog.com

 

それについて、色々な仮説を立てて考えている。

 

私のためを思って言ってくれたのかな?とか

 

それとも本当に彼自身がそう思ってくれてるからの言葉なのかな、とか。

 

 

私は、婚活中に出会う男性を

ポケモンGOのように見つけたしょぼいポケモンみたいだ」

とこきおろしてたけど、私が彼にとってはしょぼいポケモンだったのかなとか。

 

jitabataol.hatenablog.com

 

シックス・センスのオチみたいに「私が、、しょぼいポケモン!!」みたいなことだったのかなとか。

 

 

 

 

で、考えてたら、私思い出しました。

 

私も元カレにおんなじことやったことあるなと。

 

 

つまり、私は付き合ってた男を振り、

振ったにもかかわらず

「これからも連絡取ろう。

 恋人じゃなくなっただけで、人としては君のこと大好きだ!

 ちなみに、私も君にとってすごく有益な人だと思う!

 絶対、この縁は切らないほうがいいってばよ!」

 

と押し切って、元カレを強引に友達ポジにして

普通に連絡取ってたわ。

 

元カレの懐の深さが計り知れます。

 

ちなみに元カレにはその後、彼女ができたそうで

それからはお会いしていません。

 

 

 

私がこれを元カレに伝えたとき、自分でも滅茶苦茶を言ってるのは

正直わかってたけど「押し切れる、絶対。」という自信があったのと

「押し切れなかったとしても、私が失うものはない。リスクゼロ」だったので

あんなに強気に出られたんだと思う。

 

 

性格悪いな!!

 

 

そんな自分本位なことをした過去がブーメランで今返ってきたんだなと思った。

 

 

 

なんかね、もしね、好きだった人がね、私のことを本当に思っているならば

違う表現の仕方になったんじゃないかなと思うの。

 

「もしバタ子さんが会いたかったら、全然いつでも会いましょう」みたいな文言に。

 

でもそうじゃなくて

 

「振ったことがきっかけで、話せなくなるのは悲しいから

 気まずくても会ってください。」

 

的な書き方だったので

 

「それは自分本位なのでは。」

 

という結論に至りました。

(振った男本人も、「自分本位だってわかってるけど」といっていた。)

 

 

自分自身は好きでもない男に好かれると、それが友人だとしても

「気持ち悪い。迷惑」と思うタチだから

 

好きだった人が

「好きだと言ってくれてうれしい。付き合えないけど。

 でも、これからも話したいし会いたい。」

と言われたことを好意的に解釈している自分もいた。

(素直に嫌われてなくてうれしいし、人としては好かれててよかったという気持ち)

 

私だって、彼と話すのは楽しいし、人として好きがあったから

男性としても好きになったわけだし。

 

 

でも、これは彼の我儘だな、と思った。

この我儘に応える必要はない気がしてきた。

 

彼は私にとってものすごく大事な人だ。

それは変わらない。

 

 

私が最も弱くて辛くてしんどくて心身衰弱していたときに

私を励まして、癒して、治してくれた人だから。

 

そして、私が「素直に、条件じゃなくて、誰かを好きになる」という気持ちに

させてくれた人だから。

私の本来の姿(こざかしいことできるけど、不器用にしか恋愛できない)を

思い出させてくれたと思うし、

自分の身体の状態変化に疎い私の身体のアンテナを開いてくれた人でもある。

 

本当に、出会うべく時に出会えた人で

神に感謝。キリストに賛美。

 

ものすごく好きだった。

脈がないのに、好きという気持ちを捨てられなかった。

それくらい好きだった。

 

尊敬していて、大好きだ。

 

でも彼は、自分本位だ。

最後の最後で優しくない。

 

ずっと優しい人だと思っていた。

こんなにやさしい人がいるのかと思っていた。

絶妙に私を鼓舞してくれた。

本当に本当に感謝している。

 

でも私は彼がたとえば恋人ができても祝福できないし

私が独身で恋愛的に充実していない状況で会い続けるのは辛い気がする。

 

彼の幸せは祈れる。

彼が幸せな人生であるように、死ぬ間際まで神の祝福があるように祈れる。

 

でも、会えない。

 

もう会えない。

辛いけど、会いたいけど、私のために

会えない。

 

そんなことを思った。

 

 

こんなこと言うと本当に癇に障る女だと思うけど

賢い自分を哀れに思う。

 

 

賢くなかったら「えーうれぴー」だったのに。

 

彼の自分本位と

自分のこれからを

予想する分析力が

私を幸福に導くとともに

今、私を不幸な気持ちにさせている。