ジタバタOLのすべて

人生は常にジタバタしている。我ながら文章の才能本当にある。モノカキの依頼はいつでもTwitterでウェルカムです。

婚活はポケモンGO

婚活を再開して気づいたんですけど、婚活はポケモンGOに似てます。

 

GWをいかがおすごし?ご機嫌麗しゅう?

ジタバタOLです。

 

休職中に、精神科のお医者さんに「歩け、1万歩歩け」と言われて

アルケミストもびっくりなくらい歩いたんですけど

目的もなく歩くのはしんどくて、どうしたもんかと思っていたら

ポケモンGOを勧めてもらい、しばらくポケモンGOしてました。

 

じつはポケモン世代にもかかわらず、ポケモンには全くはまらずに来てしまい

ポケモン情報ほぼゼロだったのですが、ポケモンGOは人の収集心をくすぐる良きものだと思いました。

 

まぁでも、あんまりモバイルゲームにハマるタイプじゃないので

すぐ飽きちゃったし、ポケモン集めても私の人生なにも変化おきないから

あんまり興味わかなかったんですけどね。

 

婚活再開してみて思った。

 

婚活ってポケモンGOそっくり!!!

 

量産型というか、すぐにつかまるポケモンもいてね。

だいたいフットサルとカフェが好きなんだけどさ。

そういうのめちゃくちゃ街にあふれてて、たいして歩かなくても捕まる。

でも集めたところで、ポケモンと違って進化しないし

通りがかりにいるから捕まえとくか、みたいなテンションで会うけど

モンスターボール投げる手間がめんどくさくなって

途中から素通りするわけです。

 

で、自分のレベルがあがってくると(婚活慣れ)、

一風変わったポケモンとか

強い(お金持ち)のポケモンとも出会えるようになり

出会えたことによってモンスターボール投げられるようになる。

捕まえられるかは別にして。

 

で、だんだん婚活してると、ポケモン属性がわかってくる。

これは風の仲間、大地の仲間みたいな。火の属性とか。

ポケモン詳しくないからあんまりよくわかってないw)

 

誰からもモンスターボール投げられなかったであろうポケモンとか

量産型ポケモンとか

俺様ポケモンとか

婚活してないポケモンとか

お金持ちだから選ぶ目線基準高いポケモンとか

めちゃくちゃ変わったポケモンとか。

 

捕まえられるか(ポケモンの心を)は横において

婚活が楽しくなってきた。

 

婚活で千本ノックくらいにやってたときは

千本こなすことに必死だから全然楽しくなくて

捕まえられないと焦って

モンスターボールの課金つらくて

実らない婚活が悔しくて

婚活に振り回されてたけど

 

今は捕まえられるかどうかを気にせずに

純粋にどんなポケモンかなーと楽しむように婚活してるから

(あと興味のない量産型ポケモンの場合はgreatスローで捕まえることのみに集中)

ディナーが楽しいし、飾らない自分でいられる。

 

会ってみて、ありがちポケモンでも

個体差があるから、話すの楽しいなと思えるようになった。

 

前は、すごくjudgementalな出会い方してたから

全然楽しくないし必死だし、必死だからうまくいかないし。

 

不自然な努力はうまくいかないなー。

 

こうやって男性をポケモンに例えてる時点で

まだjudgementalかもしれないけどw

 

幸いなことに、人と話すの好きだし

出会い自体に感謝できるようになったし

私が楽しんでると、相手も楽しんでくれるし

相手にも好意を持ってもらえるし

めっちゃwinwin

 

ポケモンを捕まえようとしてるからだめなんだわw

 

気に入られようと媚びると疲れるけど

この出会いを楽しもうというモチベーションで言う愛嬌と愛想は

とても楽しい。

 

嫌われてもいい、別に捕まえられなくてもいいから。

むしろ飾らない自分で無理なら長く続かないからこの1回こっきりでいい。

 

年齢も30超えて、去年出会った婚活相談所のオバサマには

「女の市場価値は30すぎるとガクっと下がる!」と言われて

戦々恐々だったけど

 

最近の私、年下にもモテてます。

 

 

年齢を超える魅力を発揮できるようになったんだと思う。

美しさとかテクニックじゃなくて形式美じゃないものを

なんかコツを掴んだ気がする。

 

結婚できるのか?という不安がなくなって

こんなに色んな人を受容して楽しめるんだから

私ぜったい、いい出会いがこれから待ってて

(もしくはもう出会っていて)

幸せになれるなという信仰が強くなった。

 

昨日飲んだ年収2,000万の不動産王が

「俺はジャッジしない。好きなことしかしない。」って言ってたけど

やっぱり金銭的成功してる人の言葉は説得力がある。

 

無邪気、戦略をとらない戦略、思考より感性と直感。

 

ワクワクしている瞳は見ていてとても素敵だった。

別に付き合いたいと思うわけじゃないけど

彼の瞳にはダイヤモンドや札束じゃなくて、星が降っていた。

 

婚活っていう目線だけで、彼と向き合ったら

本当に無駄な時間なんだけど(だって付き合いたくないw)

星降る瞳を奇麗だなぁと思いながら飲むエビスビールは美味しかった。

 

私は小賢しさを捨てて

心の赴くままに

風を感じて

踊るように

人生を楽しむメソッドを手に入れた。

 

それまでの迷路は辛かったけど、

今はアリアドネになって誰かを導けそうな気もするよ。

 

私の瞳にも星を降らせて。