ジタバタOLのすべて

人生は常にジタバタしている。我ながら文章の才能本当にある。モノカキの依頼はいつでもTwitterでウェルカムです。

友達なら格差は格差にならない。

 2018年度が終わりました。

ハチ公前の桜が満開で、今日はたくさんの人にあふれていて

きっと送別会も多かったことと思います。

 

昨日は久しぶりに大好きな友達がそろってごはんでした。

大学のゼミ友で、本当に仲良し。

 

揃ってって言っても、私含めて3人なんですけど。

 

すでに結婚して1年たった友人と、つい先日寿退社し海外へ旅立つ友人と

社会復帰した私の3人。

 

私の学友はお嬢様が多いのか、運命のめぐり合わせなのか

専業主婦になる人が多くて(本人が望むかどうかは別にして。)

旦那の稼ぎだけで生きていけることを羨ましく思ったり

仕事を諦められる潔さを信じられないと思ったりしている。

 

職場は、ほとんどの人が働く妻かワーママで寿退社ってほぼ聞かないから。

あと、学友と同じように育って?過ごして?きたはずなのに

学友と同じビッグウェーブに乗れず独身してる私は一体?っていう。

 

あと、やっぱり二度言うけど、旦那の稼ぎだけで生きられるのは

単純に羨ましい。

旦那が金持ちでも、私から仕事を奪う男とは結婚できないと思うが

それでも、お金が解決してくれる問題は世の中多いから

被扶養者でいられるというのは特権だなと思う。

 

一方で、隷属という言葉が思い浮かぶ場面もあるが。

あと、旦那のお金だから気兼ねしてしまう、という話もよく聞くから

私の知らない心労はたくさんあるんだろうと思う。

独身と既婚者のないものねだりなんだろうな。こういうの。

 

 

専業主婦になることを「信じられない」と思うのは

私が、旦那になる男より自分のがまだ信じられるから

「結婚か仕事どっちか選べ」と言われたら仕事選んでしまうかもしれないからである。

 

仕事で傷つき、辛くなり苦しくて苦しくてたまらないのに

仕事好きなんだな。Mなんだと思う。

 

あと、他人を現人神のように信じることができない。

人間は裏切るし、揺らぐし(自分も含めて。)変わる。

自分なら、自分が変わっていくことや変わったことを気づけるけど

旦那(他人)は何きっかけでいつ揺らぐのか絶対読めないから

仕事をしている自分のほうがまだ信じられる。

豆腐メンタルだとしても。

 

まぁこんなこと言ってても変わる可能性大だけどw

旦那の被扶養者になって、有閑マダムになるかもしれないし。

 

======================

まぁ、それはそれとして、3人で会う時

「ああ、とうとうこのメンツでも私だけ独身になってしまった。」

みたいな気持ちが多少芽生えた。

劣等感なのか、置いてけぼりにされた悲しみなのか

これから共通点が減ってしまうことへの恐れなのか

よくわからないけど。

 

でも、ふたりとも嫌味じゃなく、すご~く素直に

「毎日働いてて、バタ子はえらいよ。」と言ってくれて

あ、もうこいつら100%伝説、ババアになっても大丈夫だな、と思った。

jitabataol.hatenablog.com

 

前にこんなブログを書いたけど、本当に友達なら

マウンティングしあわないし、お互いの人生を尊敬しあえるんだなと。

そんなことを知って、本当に嬉しかった。

 

虚栄心という虚しい関係や思いを持たずに会える人達と出会えて

私は結婚してなくても豊かな人生だと思う。

 

私がもし結婚するとして、結婚式に呼ぶ私の友人たちは

私を媒介にして、全員仲良くなれると思う。

友達少ないけど、上澄みの上澄みのような人たちしかいないから

本当にダイヤモンドの星空。(キキララ!!)

 

jitabataol.hatenablog.com

 

ジルコニアは一人もいない。

 

結婚しなかったら、大好きな友人たちが一同揃う日がないから

生前葬するか、「バタ子を励ますか会」を開くか

バタ子主催の「バタ子お誕生日会」(古市憲寿か!)をするしかないと

思うと、もうやっぱり結婚したいよね←

 

昨日はそんな事を考える幸せな日だった。

 

状況が違っても

収入が違っても

身分が違っても

わたしたちは敬愛でつながりあえる。

 

格差にフォーカスするんじゃなく、

格差を超える敬愛を育てる心と

曇りなき眼と微笑みをたたえて

生きていきたい。

 

私は幸せものです。