ジタバタOLのすべて

人生は常にジタバタしている。我ながら文章の才能本当にある。モノカキの依頼はいつでもTwitterでウェルカムです。

恋愛コラムは不安ビジネス。

最近中身のないコラム記事多いよねって話がありますが

そもそも中身のある記事なんてWikipediaだけなんじゃないかと言うパラドックス

あんまり利権絡んでなさそうだし。

政治的な記事には絡むのかもしれないが。

 

どうも、ジタバタOLです。

精神的に病むと、世界の悪者について調べ始めるっていう謎の癖がありまして、

この前はヒトラーについて調べました。

なかなかの劣等生だったそうですね、彼。

Wikipedia百科辞典感はすごい。

ヒトラーの恋人にもすぐリンクでとべちゃう。

 

 

 

さて本題。

婚活系のコラムとか恋愛系の記事とかね

もうとってもしょーもない。

 

散々読んだ結果そんな気がします。

 

いくつかパターンがありまして

 

1 ◯◯してはいけないシリーズ

 

彼氏に言ってはいけない一言10パターン、とかね。

初デートで彼女がドン引く行動3選、みたいなやつ。

 

だいたいね、普通のことしか書いてない。

読む価値あんまない。

知ってると、できるはまた違うっていうけどさ

たいてい一般常識しか書いてない。

 

でしょうね!っていう感想。

 

 

2 座談会シリーズ

 

3.4人集まってなんやかんや話した書き起こし。

どうやって婚活して結婚までこぎつけたか、とか。

アラサー独身男性に聞く結婚観、とか。

 

読み物として面白い。

でも自分の狙ってる人やこれから出会う人は彼らじゃないんでね。

参考にはなるけど、そういう考え方もあるんだぁ、くらい。

 

心にぐさっと刺さるような一言はほぼ出てこない。

故に読んだ後忘れる。

 

女性ものを読んだときは、みんな大変なんだなぁと思い

男性ものを読んだときは、やっぱそうだよなぁと思う。

 

てかさ、覆面でやろうがね、ああいう場所で本当の本音は中々出てこないと思うのですよ。

 

実はベッドの相性重視ですとかね、

親が厳しいので、親目線で条件チェックしてますとかね

そんなこと言ってる場合じゃないけど顔だけはどうしても譲れないと思ってるとかね。

 

実際は言いづらいことあると思うのよ。

そういうのあんまりみたことない。

 

へー!なるほどねぇ、(そして忘れる)っていう感想。

 

 

3 一人語りインタビュー

 

婚活をしないと決めた34歳男性のホンネとか

旦那のプラトニックな不倫が許せないAさんの場合とか

 

これらの記事はまとめて全部書き手がムカつく。

結構不幸な人?にスポット当ててるからね

なんか書き方がビミョーに上からなんだなー。

 

ぽっちゃり体型、少し頭部の寂しい34歳の橋本さん(仮名)は、女性にモテるとは言えない外見だ。とかさ。

 

旦那はやっぱり同級生の彼女を忘れられないわじゃないかって思うんです、、、Aさんはそっと薬指の指輪を撫でた。

 

とかね。

 

なんだろー、なんかねー悪意を感じるんだよー

こうなっちゃいけませんよー

この人たちかわいそうですよーみたいな。

 

不安を煽る!

 

憐れむって最高の娯楽だからなー

わかるけどなんかやなんだよー

 

胸糞悪い、っていう感想。

 

 

4 婚活コンサルの市場分析

 

これがね、まぁ一番まとも。

名前だして話してるわけだし、そりゃそうか。

 

やっぱり現場で苦労してる人たちだったり

長年の婚活市場の変化を肌で感じてる人たちなわけで

非常にわかりやすく現代を分析してくれてます!

 

まぁたいてい読むと

そうでしょうねー

私も同じこと思ってましたーみたいな話なので

自分が婚活市場に疑問を持った時に読むには最適。

 

コンパスあってますか?みたいな感じ。

 

でもね、たいてい読んだところで絶望的なこの状況はどうやらプロから見ても同じらしいという事実しか見当たらないのでね。

 

そうだよね、っていう感想。

 

 

5 婚活コンサルのアドバイス記事

 

1で挙げたのなんかよりはるかに具体的で実践的。

と同時に、小手先とかカタチを整えるには

すごく有用なんだけど、価値観まで変える力はない!

 

結局、理想を下げるとかね

勇気を出すとかね

なんかそういう気持ち的な話が最終的にはミソな訳で

それをね、ブログ読んで変えられたら苦労しないのよ。

 

みんなチンケなプライドとかさ見栄とかさ

結婚するなら譲れないみたいな価値観とかさ

臆病さとかさ色々抱えちゃってるから。

 

そういうの一筋縄ではいかんのだよー

自分も含め!

 

というわけで、

あーわかるわぁ、、気をつけよっていう感想。

 

というわけで、一番ソリューション提供してる5は読む価値あります!

ためになるー!

 

それ以外は、絶望したり焦ったり

うまくいかない時の言い訳のネタ集めてるようなもん。

全て捨てろ。

 

書を捨てよ、町へ出よう じゃないけど、ほんとそう。

 

ちなみにヒトラーは結婚すると婦人票を失うからって

自殺間際に結婚したんだそうで。

 

意外に民主主義だな、アドルフ!!!!

 

そして心中。太宰かよ。

太宰と違って一発で2人とも死んだのはある意味よかったけど。

 

 

はい、そんなわけでね、

モテる男は心中するまで

一緒にはなってくれない可能性大なんで

多少モテなくても相手に愛されて結婚するのが

つまんないけど一番安牌だぞと、そういうお話。

 

 

バタコの記事はそこそこ婚活してるみんなの役に立ってると思うよ!←

 

相変わらず友人で定期的に追いかけてくれてるのは

2人の既婚者しかいませんが、

歌えバンバンみたいに誰かの心とこんにちはしてると信じます。

 

 

盛り込みすぎたらわけわかんなくなった!

不安ビジネスに振り回されずに今日もごきげんよう

 

 

バタ子より。