ジタバタOLのすべて

東京生まれヒップホップ育ちのはずが、結婚適齢期に地方転勤になった独身OLがジタバタしながら喜怒哀楽を垂れ流すブログ。東京帰ってきたら若干旬を過ぎてしまったけど、今後どうなるのだ!?

アラサー独身女子の幸せ必要条件

そんなことを昨日考えました。


どうもジタバタOLです。


昨日バタ子さんの夢はなんですか?って聞かれまして


夢なんてないぜ!なワタクシはちと慌てました。


なんかふんわりしたことしか思いつかなくて

ふんわりしたこと答えて素敵ですねと言ってもらって終わった。



まぁでも幸せにはなりたいわけです。


幸せは自分の心が決める


と言ったのは宇野千代だったかな?


まぁ確かに幸せなんて解釈の問題で


生きるか死ぬかの瀬戸際でさえ

殉教者なら微笑んで逝けるわけじゃないですか。


そう思うとこんなに恵まれてるのになにを嘆くか、神はすべてのことと時を備えてくださっている!


となるわけなんだけど、そうも行かず

嘆きのタネを見つけるのが僕の悪い癖。



別件でそんな話もしていて、

私は他者依存が強すぎるのではないか、という話になった。


結婚前提の彼氏がいてほしい。

家事も仕事もバッチリじゃないといけないのに。

友達とも仲良くて

給料はいくらなきゃだめで。


とか、幸せの必要条件をやたらめったらあげてっから不幸なんだと思う。


これらすべてをちゃんとできたら、

そりゃぁ自他共に認めるリア充なんだけど

大抵なにかしら足りないんだから


足りるを知る。


っていうのが大事なんだなぁと思う。



自己肯定感がとてつもなく弱くて、

人として自信がなくて

同じところを堂々巡りで

バカみたいで自己嫌悪して

あゝ負のスパイラル!


そういうのを繰り返して超つまんない。


彼氏がいなくても

仕事がダメでも

家事がへっぽこでも

幸せそうな人はいるし


そういう人の方が人生ゲームのプレイヤーとしては優秀だ。


ありのまま、そのままっていうのが

もう既に幸せの必要条件を満たしてるんだなって


つまり神様はすべてのことと時を備えてくださってるわけですね。


あれ?


お後がよろしいようで。