読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジタバタOLのすべて

東京生まれヒップホップ育ちのはずが、なぜか今地方に住まう独身OLがジタバタしながら喜怒哀楽を垂れ流すブログ。

かわいいとは「愛せる(可愛い)」ということである。

新年あけましておめでとうございます。

本年もジタバタOL、もといバタ子と「ジタバタOLのすべて」を

どうぞよろしくお願いいたします。

 

新年1発目、なに書こうかなぁ、と思っていたら

もう松の内が終わっていました。

新成人のみなさまにおかれましては、おめでとうございます。

 

新成人でこのブログを読んでいる方はいなさそうですが。

 

今年の始まりはあんまり冴えませんでした。

なんというかばたばたと12月が過ぎ去ってしまって、

その疲れが全面に出たというか、肌の調子も良くないし

年末に予定を詰め込んだこともありぐだぐだとしてしまい。

 

ここ数年、今年一年の漢字を決めるようにしてるんですけど

良い漢字も思いつかなくてもやもやーと始まった酉年でした。

コケコッコーっていいたいんだけど、ココケ、、くらいで止まってしまったような。

 

 

年始から仕事は相変わらずバタバタしていて日常を取り戻し

お正月の殊勝な気持ちはどこへやら。

 

どうしたもんかなぁと思っていたのですが、

今日ベッドでぼんやりしていたら降ってきたので決めました。

 

今年一年の漢字は「愛」にします。

 

神前式の結婚式って何度か出たことあるんですけど、

(去年も招待いただきました。)

 

あの牧師さんが言う

 

「病めるときも健やかなるときも 彼を愛しますか?」

 

ていう誓いの言葉が正直重たすぎて

 

毎度聞くたびに「いやーそんな愛は残念ながら持ち合わせていない。」

 

と自分の罪を告白するような気持ちになっていたんですよね。

 

よくみんなさっさと「はい」って言えるなと。

 

まぁ躊躇する人は結婚なんかしないのかもしれないけど、

あの言葉の意味をよくよく考えてほしい。

めちゃくちゃ重たいからね。

 

結婚っていうのは相手が例えば半死状態になろうが

下半身不随でもう二度とセックスできなかろうが

自分が養わないといけない立場になろうが

愛しぬく!!!!

 

ていう誓いですからね。

 

私は前の彼氏と別れるときに彼の経済観念・事情に不安が大きすぎるという理由で

別れたので、自分が「金の切れ目が縁の切れ目」タイプの人間であると

自覚していて、それは相手が誰であれ1億円の借金背負ってるんだよね、とか言われたら

たぶん別れるという自信がある。

 

でもこの牧師さんがいう愛ってさ「病めるときも健やかなるときも」だし

「富むときも貧しきときも」じゃない。

 

ちかえない!!!

 

だいぶ誓えない。

 

そんなことをいつも思ってるんですよね。

 

昨日もアラサー4人で飲みながら「結婚はしたいのか、我々は。」という話をしたんですが、諸人こぞりて

「親やじーちゃんばーちゃんに孫の顔は見せてやりたい。でも他の兄弟がそれをしている。そうすると自分にとって結婚する理由ってよくわかんない。」

 

という話になる。

 

もちろん、親の期待に応えたいという気持ちも結婚したい動機のひとつとして

アリだしそれは至極当然なんだけど、それだけだと結構理由として弱い。

他になんかないのか!?あの結婚の苦労を超えて手に入れたいもの。。。!

 

って考えたら、集まったメンツが全員独身転勤者だったから

ひとりもピンときてなかったw

 

かくいう私は結婚したい理由でポジティブなものってあんまりなくて

「親を喜ばせたい。独身アラフォーで憧れられるような人に出会ったことがない。」

という大変申し訳無いけど、独身アラフォーの諸先輩方で人間的に練れている・憧れるゥ!という人に出会ったことがなく、そういう人になりたくないという負の原動力で動いている気がする。

 

結婚している人が偉いとか人間的に素晴らしいと断言するつもりはないけど

(変な人もいっぱいいる。)

なんていうか結婚していない女性に対して、まじで可愛げがなさすぎて

一緒にいてつらいな、、という印象がある。

 

 

私だって今独身アラサーだから、そう思われてるのかもしれないけど。

 

年末5年ぶりにあった大学の友人(既婚者)と

「プライド高すぎると結婚できない」

「可愛げって大事だよね。知ってる話でも知らないふりしてあげるとかさ。」

そういうことだよね、、、

 

という話をしたのだが、本当にそれだなと思う。

 

見てくれのかわいさというのはキープできなかったり

人によって与えられ方がマチマチだったりするので

年取れば取るほど、大事なのは中身の可愛げ!!!!!!!!!!!!

 

可愛げというのは媚ではない。

 

周りの人をホッとさせる幸せ芳香剤みたいなもんである。と思う。

 

例えば、誰かがアイドルのおっかけをしているとする。

もうツアー全部見に行っちゃうくらい、おっかけてるとする。

んで、そのツアーの楽しかった話をしているとする。

 

それに対して可愛げのある女はこうである。

「よかったねぇ~!」

 

可愛げのない女は

「それいくら使ったの?」

 

だとか

 

「年考えなよ!」

 

とか言ってしまう。

 

つまり、否定から入る。

 

たぶん、可愛げのある女も思っているはずである。

「こいついい年こいて、大丈夫か?」と。

 

でも、それを口に出さない。

そんなこと言っても、相手が喜ばないと知っているからである。

求められてない発言をしないのが可愛げである。

 

一方、可愛げのない女は求められてもいないのに思ったことを

そのまま口に出してしまう。

そしてそれが真実であることが多かったりするものだから

本人は「ホントのことを言って何が悪いの?」とキョトンとしていることが多い。

 

ホントのことじゃん、だから言ってもいい、というのは未成熟である。

 

求められてたら言ってもいいと思う。

 

例えばアイドルおっかけ女が

「でも最近こんなことばっかりじゃなくて、婚活しなきゃかなって思うんだよね。」

 

と切り出してきたら

 

「そうだねぇ、ちょっとツアー減らして合コンの時間作ってもいいかもね。」

 

である。

 

(しかし、たいていこういうことを言う女はポーズで言ってるだけで実際はしなかったりする。人間は行動が全てなので、言葉でそれらしいことを言っていても

実際行動していないのであれば、言葉を信じすぎないほうが良い。

信じてアドバイスすればするほど徒労に終わってしまうことが多い。

そもそも人の悩みなんで、自分の悩みじゃないんだから大体が対岸の火事である。

親身に聞いてあげる悩みは、本人が動こうともがいているか実際動いているという場合に限ると思っている。)

 

閑話休題

 

さて、そんなわけで可愛げっていうのは「一緒にいたいな」と思わせる

ほのかな香りのことである。

 

それが顔がブスでも可愛げがある=一緒にいていい気持ち=可愛く思えてきちゃう

 

の法則だと思う。

 

ほら、漢字もさ

 

可愛い

って書くじゃない。

 

愛するに可!だから「可愛い」なんだよ。

 

愛せる(I can love it)が可愛いです。

 

可愛げは礼儀。

人を愛するのは覚悟。

 

可愛げがあって、今年ジャスト30になるんで

人を愛する覚悟を決める年にしたいと思います。

 

エロスから、めざせアガペー

 

みなさまにとって2017年が良い年でありますように。

 

ジタバタOL もとい バタ子より 愛をこめて。