読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジタバタOLのすべて

東京生まれヒップホップ育ちのはずが、なぜか今地方に住まう独身OLがジタバタしながら喜怒哀楽を垂れ流すブログ。

誰のためのべき論か。

こーするべきとか

あーするべきとか

こうあるべきとか

そういうの。


誰のためかね?

と思うと大抵じぶんのためなんだナァという話。


どうもバタ子です。


師走に走る坊主は怠け者、らしいけど私は年がら年中バタついてますよ。


はい。


世の中ってべき論があふれてますよねー

そいでさ、その「べき」が守られてないと腹立たしいわけです。

こなくそ!ってなる。

べきリスト。

まさに、べきリストです。



同じ価値観のべきリストと一緒だとよいんだけど、違うと辛くなる。


私が許せないこと、相手は許しちゃうし。

相手が許せないこと、自分は許せちゃうから共感できないし。


んでさ、自分にもこのべき論で我々は呪いをかけていると思う。


結婚できる女子は料理ができるべき。


いい会社に転職するには今の会社で成果をあげるべき。


間違ってはないけど、言い訳や理由にそれを持ってくると、もうややっこしい!!!


今の会社で成果をあげてないからきっと転職できないはず。


とかね。


もう仮想現実に溺れて現実見てないわけ。


そんなことやってみなきゃわかんないじゃーーーん!


っていうことを都合よく正義感みたいなレッテル貼って逃げてる。


全然話は変わるけど、私は徹子の部屋に出たい。


なんでって言われると理由はないんだが、出たい。


徹子の寿命を考えたら急がないといけない。

徹子か宇野千代みたいになりたい。


そのためにはこれをすべきあれをすべき、考えてる間がバカだなと今日思った。


何が正攻法かわかんないんだから、とりあえずガムシャラに動くに限る。

年とともに臆病になっていくのを感じる。

もうできないに違いないとか、

そんなに若くないとか。


そう言ってる奴は何をしても歳のせいだ。


売上低迷を不況のせいにする奴は

好況時の売上増加も景気のせいと言え、とは誰が言ったか。


外因に他責化せずに己で切った張ったの世渡りしたいね。