読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジタバタOLのすべて

東京生まれヒップホップ育ちのはずが、なぜか今地方に住まう独身OLがジタバタしながら喜怒哀楽を垂れ流すブログ。

転勤と体調管理。

生理痛で起きる午前5時


生理痛は筋肉痛らしいけど、吐き気とか出てくるからタチが悪いねぇ。


みなさんごきげんよう。

2月10日の朝、いかがおすごしでしょうか。


転勤する前、ああ怖いよ怖いよ地方の1人暮らし。。


と思っていたのには理由があって


私が自他ともに認める


メンタル弱子だからです。



特に!!!


心身相関がわかりやすくて


肌荒れやら生理痛やらいろんな形でお目見えする。


東京いる時もメンタルクリニック通ってたし

なんなら休職もしたし

立派なメンヘラです。


東京で1人暮らし中の

体調不良や休職期間、

親を頼って来てもらったり

実家に帰ることはなかったけど


地方だったらマジで誰も頼れないから

それはすごく心配だった。


ひとりでできるもん。って言いたい。


でも、それを裏付ける実績がない。



そんな感じで転勤を決めたんですが


意外にもこっちに来てからのほうが


体調がよい。



受験生は風邪ひかないのと一緒で

軽くプレッシャーかかってるのもあるかもしれないし


満員電車とオサラバしたことが良かったのかもしれないし


よくわからないけど。


でも、おなか痛い。

生理痛は痛い。

あいかわらず痛い。

薬が効かないこともある。


でも私は休まなくなった。


這ってでも行かなくてはと思うようになった。


転勤して求められる役割が変わって

責任感が芽生えたことと


頑張って行く、

行ったら仕事を片付けられる

来て良かったと思う


のスパイラルができてきてるんだと思う。


あーおなか痛いな。


でも転勤してよかったな。


イヴ飲んでシャワー浴びて仕事じゃー!