ジタバタOLのすべて

東京生まれヒップホップ育ちのはずが、なぜか今地方に住まう独身OLがジタバタしながら喜怒哀楽を垂れ流すブログ。

転勤と婚活。その2 街コン編

転勤で一人の寂しさに耐えきれず、街コン参加を決めた、ジタバタOL。

 

f:id:chloeravel:20160124142906p:plain

 

髪の毛巻いてみたりして。いつも巻かないくせに。

 

さすがに住んでる街(A市)だと、ウッカリ職場の人に会っちゃうかもしれないので

別のちょっと都会な街B市の街コンに参加してきました。

 

いろんな店を回るタイプの街コンではなく

ひとつの店にずーっといて、男性陣がメリーゴーランドのように

テーブルを10分?ごとくらいに回っていく、、というタイプの街コン。

おひとり様の参加もOKという懐の深いイベントです。

 

で、私は初めてだったのでじぇんじぇん知らなかったんですけど

 

あれって、すんごい目まぐるしいんですね!!!

 

自己紹介をお互いして、ちょっと話したくらいでタイムアップ!

 

20回はしたんじゃないの?この会話。。ってくらい自己紹介しまくる。

 

後半は結構みんな疲れてました。

 

そして私はこの街コンで、

 

自分の恋愛市場価値の低さ

まざまざと実感することになる。。。

 

 

「今、いくつ?」

 

はい、来ました。定番の質問!例題1!!!

でましたよー「今、いくつ?」

もうどのテスト(合コン)でも絶対出る質問。

 

私はアラサーなので

まぁ序盤の質問から躓くわけです。

 

参加者は女子は20~35才、男子は22~40才と年齢制限が設けられていて

いるわいるわ、新卒とか新卒1年目とか新卒2年目とか、大学生とか!!!!

 

でも、もちろん年上もいるし、結婚したいと思ってきてる人もいる。

気を取り直して、例題2にいってみましょう。

 

 

「どこ住んでるの?」

 

近かったら盛り上がるアレですね。

B市の街コンなので、B市近郊に住んでる人が多い中

 

そこから1時間はかかるちょっと田舎のA市

こたえた時点で、男性陣が引いていくのがわかります。

 

え?わざわざ?出会いを求めて??A市から来たの??

A市で友達いないの?しかも1人できたの???

男性陣の目が恋愛ではなく、好奇心に変わる瞬間。

この時点でもはや恋愛対象ではない。

 

ということで、短い10分そこらの時間を使ってさらに説明。

「A市に今住んでるんだけど、

 東京から引っ越してきたばかりで

 友達がいないから参加してみたの。」

 

うん、寂しい告白。

が、しかし。

ここで思ってもみなかった男性陣の反応が返ってくる。

 

「ええっ!!東京!!!!めっちゃ都会じゃん!」

 

なんだろう、東京の女っていうステレオタイプがあるのだろうか。

興味を失いましたって思いっきり顔に示す人もいる。

 

そっか、東京って言葉にはよくわからんけどインパクトがあるんだな!?

B市はすごく栄えていて、なんでもあって、

東京と同じように高いビルもあるのですが、、

やっぱり東京って違うっていう線引きがあるらしい。

 

A市に住んでる身としては、B市ははるかに都会なんだけどな~~~

 

そんな感じで2時間の街コンが終わったころには

グロッキーになっておりました。

 

また、例題1とか例題2の前に、恋愛において

かわいいは正義

どんなに気立てが良くても性格が良くても、

第一印象でかわいい子には絶対リードするのが世の常。

もう、これは仕方ない。

 

つまり、

・年齢高い

・住んでる場所がB市で遠い

・別にかわいいわけでもない

 

3拍子そろった私は、ここでの価値はないと悟りました。

 

===

ちなみに、ぼっちの私と同じテーブルになった女の子2人はとてもいい人たちで

むしろ、男はどうでもいいから

この子たちとお友達になりたい!!!!

 

と思い、彼女たちとLINEを交換するという謎の結末で

街コンは幕を閉じたのでした。

 

ジタバタ婚活放浪記がしばらく続きます。。