ジタバタOLのすべて

東京生まれ東京育ちアラサー婚活放浪記。彼氏と別れたとこに、渡りに船できた転勤辞令。はじめて東京を出て気づく。あれ?これ結婚できないんじゃね、、、???ド田舎で婚活スタート!関東の遠恋相手を見つける。が、破局!破局と同時に、東京にカムバック。転勤とか婚活とか仕事のジタバタを垂れ流すドキュメンタリー。モノ書きの仕事依頼お待ちしてます。

マニエリスムすぎて自尊心が保てない。

そんなにワガママだと会社員には向いてないね

 

という話に巷でなってまして辛い。

 

こんばんは、ジタバタOLです。

 

 

プライドが高すぎるし

ワガママすぎるし

独善的。

 

もうコテンパンに言われております。

 

自覚ある!言い返せなーい!

 

最近またも、しょーもない人生だなという

鬱に襲われている。

 

雑務が嫌いすぎて自尊心が削がれる。

という話をしたら、

 

歯車がしゃしゃるな経営者じゃないんだから、

と言われて

 

全然納得できないあたり、心のどこかで私はやばい奴なんだなとも思う。

 

価値観を変えるのは大変だし痛みを伴う。

ねじれをまっすぐするのは大変。

 

この前、超整えられた優等生の松を見たけど

あー全然面白くない、松原に生えてた野性味溢れる松が好き。

 

と思った。

荒くれ者歓迎思想。

 

自由に生えてたい。

 

間伐しないでほしい。

 

まぁでも1人で自由に生えてるのは迷惑らしく。

みんながバロックマニエリスムを良しとしてくれりゃいいのに、と思いつつ

その発想がすでにダメと怒られ。

 

点で指摘されても拡大解釈して

面で批判されてると思ってしまう。

 

拗れと捻れがやばい。

 

なんでこうなっちゃったかなー。

 

そういう性格、と言えばそうなんだけど

生育歴否定された感じして辛い。

 

そんなことは1ミリも言われてないけど

そう感じてしまう辛さ。

 

結局、我が道を行く性格でさ、

それが学生時代は許されてたけど

社会に出ると呂布赤兎馬並みに扱いづらく

もはや董卓?くらいな感じなのかな。

 

この例えも良く言い過ぎ?

 

せめて会社で心を無にして働くなら

我が道を言っても許される場所を確保しないと

酸欠で死ぬ気がする。

 

社会に適合したい気持ちより

今の自分のまま生きたい気持ちが

100%勝つ。

 

過去を振り返っても仕方ないけど

いつ道を踏み外したのかと知りたくなる。

 

正しさとか生きやすさとか幸せって何?

 

本質はどこにあるんだろう。

艱難辛苦、前途多難。

恋愛コラムは不安ビジネス。

最近中身のないコラム記事多いよねって話がありますが

そもそも中身のある記事なんてWikipediaだけなんじゃないかと言うパラドックス

あんまり利権絡んでなさそうだし。

政治的な記事には絡むのかもしれないが。

 

どうも、ジタバタOLです。

精神的に病むと、世界の悪者について調べ始めるっていう謎の癖がありまして、

この前はヒトラーについて調べました。

なかなかの劣等生だったそうですね、彼。

Wikipedia百科辞典感はすごい。

ヒトラーの恋人にもすぐリンクでとべちゃう。

 

 

 

さて本題。

婚活系のコラムとか恋愛系の記事とかね

もうとってもしょーもない。

 

散々読んだ結果そんな気がします。

 

いくつかパターンがありまして

 

1 ◯◯してはいけないシリーズ

 

彼氏に言ってはいけない一言10パターン、とかね。

初デートで彼女がドン引く行動3選、みたいなやつ。

 

だいたいね、普通のことしか書いてない。

読む価値あんまない。

知ってると、できるはまた違うっていうけどさ

たいてい一般常識しか書いてない。

 

でしょうね!っていう感想。

 

 

2 座談会シリーズ

 

3.4人集まってなんやかんや話した書き起こし。

どうやって婚活して結婚までこぎつけたか、とか。

アラサー独身男性に聞く結婚観、とか。

 

読み物として面白い。

でも自分の狙ってる人やこれから出会う人は彼らじゃないんでね。

参考にはなるけど、そういう考え方もあるんだぁ、くらい。

 

心にぐさっと刺さるような一言はほぼ出てこない。

故に読んだ後忘れる。

 

女性ものを読んだときは、みんな大変なんだなぁと思い

男性ものを読んだときは、やっぱそうだよなぁと思う。

 

てかさ、覆面でやろうがね、ああいう場所で本当の本音は中々出てこないと思うのですよ。

 

実はベッドの相性重視ですとかね、

親が厳しいので、親目線で条件チェックしてますとかね

そんなこと言ってる場合じゃないけど顔だけはどうしても譲れないと思ってるとかね。

 

実際は言いづらいことあると思うのよ。

そういうのあんまりみたことない。

 

へー!なるほどねぇ、(そして忘れる)っていう感想。

 

 

3 一人語りインタビュー

 

婚活をしないと決めた34歳男性のホンネとか

旦那のプラトニックな不倫が許せないAさんの場合とか

 

これらの記事はまとめて全部書き手がムカつく。

結構不幸な人?にスポット当ててるからね

なんか書き方がビミョーに上からなんだなー。

 

ぽっちゃり体型、少し頭部の寂しい34歳の橋本さん(仮名)は、女性にモテるとは言えない外見だ。とかさ。

 

旦那はやっぱり同級生の彼女を忘れられないわじゃないかって思うんです、、、Aさんはそっと薬指の指輪を撫でた。

 

とかね。

 

なんだろー、なんかねー悪意を感じるんだよー

こうなっちゃいけませんよー

この人たちかわいそうですよーみたいな。

 

不安を煽る!

 

憐れむって最高の娯楽だからなー

わかるけどなんかやなんだよー

 

胸糞悪い、っていう感想。

 

 

4 婚活コンサルの市場分析

 

これがね、まぁ一番まとも。

名前だして話してるわけだし、そりゃそうか。

 

やっぱり現場で苦労してる人たちだったり

長年の婚活市場の変化を肌で感じてる人たちなわけで

非常にわかりやすく現代を分析してくれてます!

 

まぁたいてい読むと

そうでしょうねー

私も同じこと思ってましたーみたいな話なので

自分が婚活市場に疑問を持った時に読むには最適。

 

コンパスあってますか?みたいな感じ。

 

でもね、たいてい読んだところで絶望的なこの状況はどうやらプロから見ても同じらしいという事実しか見当たらないのでね。

 

そうだよね、っていう感想。

 

 

5 婚活コンサルのアドバイス記事

 

1で挙げたのなんかよりはるかに具体的で実践的。

と同時に、小手先とかカタチを整えるには

すごく有用なんだけど、価値観まで変える力はない!

 

結局、理想を下げるとかね

勇気を出すとかね

なんかそういう気持ち的な話が最終的にはミソな訳で

それをね、ブログ読んで変えられたら苦労しないのよ。

 

みんなチンケなプライドとかさ見栄とかさ

結婚するなら譲れないみたいな価値観とかさ

臆病さとかさ色々抱えちゃってるから。

 

そういうの一筋縄ではいかんのだよー

自分も含め!

 

というわけで、

あーわかるわぁ、、気をつけよっていう感想。

 

というわけで、一番ソリューション提供してる5は読む価値あります!

ためになるー!

 

それ以外は、絶望したり焦ったり

うまくいかない時の言い訳のネタ集めてるようなもん。

全て捨てろ。

 

書を捨てよ、町へ出よう じゃないけど、ほんとそう。

 

ちなみにヒトラーは結婚すると婦人票を失うからって

自殺間際に結婚したんだそうで。

 

意外に民主主義だな、アドルフ!!!!

 

そして心中。太宰かよ。

太宰と違って一発で2人とも死んだのはある意味よかったけど。

 

 

はい、そんなわけでね、

モテる男は心中するまで

一緒にはなってくれない可能性大なんで

多少モテなくても相手に愛されて結婚するのが

つまんないけど一番安牌だぞと、そういうお話。

 

 

バタコの記事はそこそこ婚活してるみんなの役に立ってると思うよ!←

 

相変わらず友人で定期的に追いかけてくれてるのは

2人の既婚者しかいませんが、

歌えバンバンみたいに誰かの心とこんにちはしてると信じます。

 

 

盛り込みすぎたらわけわかんなくなった!

不安ビジネスに振り回されずに今日もごきげんよう

 

 

バタ子より。

婚活を一度やめようと決意した話。

タイトルのとおりなんですけどね。

どうもこんばんは、ジタバタOLです。

 

こんなネーミングにしたからずっとジタバタしてんじゃねーの??

と最近ひとりごちる毎日です。

 

さて。

 

たいていうまくいかないときは

 

努力の量か方向性がまちがってるんです。

 

このことはね、本当に間違いがない。

 

婚活がうまく行かなくて、努力の量ではない気がしてきた。

ので、やめます。

 

たぶん行動量の話じゃないんだと思う。

 

もちろん、婚活の猛者ほどに婚活しているわけじゃないんだけど

(相談所3箇所登録!とかさ。どんだけ金持ってるんだ、すごいぜ。)

 

今の私がうまくいかないのは行動量じゃなくて

私になにか問題があるんだと思う。

 

誰かとうまくいかなくても、基本的に私のせいじゃなくて

ご縁ってそういうもんだよねぇ~で今まできにせずきたんだけど

東京帰ってきて1年以上婚活してだめなら

何かが間違ってるんだと思う。

 

戦うフィールドなのか

私自身なのか

よくわかんないけど、婚活するのはやめることにする。

 

一喜一憂するのも疲れてしまった。。

 

というのも、この前別れた(通称セナ。超速で別れたから。)の影響が大きい。

 

すご~くうまいこと運んで、すんなり付き合い始めたのに

やっぱ好きになれなかったごめん、的なことを言われて

正直すごく落ち込んだ。

 

私もそういうことしたことがあるから、同じスネに傷を持つものだけど

やっぱり深く落ち込んだ。

 

そんなこと最初に付き合う前に気づいてほしかった。

 

悲劇のヒロインになるのもバカバカしいし

セナのことは忘れて、次に行けばいいんだけど

婚活っていう物自体が、営業に等しくて

こんな私を買ってくださいって身売りしてるみたいで

そのたびに違うとお互いに思ったり断られたりするのは

だいぶ精神をすり減らすことなんだと

気づいた。

 

気づいてたけど、やらねばならぬ!と思って

気づかないふりしてたのかもしれないけど

 

この前ぼんやりする時間をとって人と交流したときに

 

私のこと、条件とか容姿とか仕事とか そういうんじゃなくて

無条件で受け止めてもらうことがどれだけ幸せかと思った。

 

本当に、それこそ病めるときも貧しいときも

っていうのが大事なんだなぁって。

 

例えば容姿がぼろぼろになったり

気持ちが荒んでいても

それは一時的なものとして私自身を受け入れてもらえることのありがたさ。

 

それは婚活では見つからないと思った。

 

条件マッチングだから。

 

やめてどうするの?

結婚できるの?

次の一手は?

 

いろいろ不安はあるけど、朗らかな安寧を手に入れたい。

 

誰か大事に思える人と交流をして(男女問わず)

お互いがお互いをかけがえないと思える関係性を

錆びつかないように手入れして、

幸福な老後を手に入れることに専念しようと思う。

 

婚活は無駄に自分をすり減らすこともあるなって思う。

オーディションみたいに、私自身が損なわれてるわけじゃなくても

選ばれないことで自信を失っていく。

 

もちろん、婚活でチューニングできたことや

得たこともたくさんあったんだけど

本来の目的の結婚する相手を見つける、っていうところでいうと

あんまりうまく行ってない。

 

だからちょっとお休みする。

 

言い訳っぽいかもしれないけど、今の私は

不幸せ体質だと思う。

 

恵まれてるのに足りるを知らない。

このスタンスだと、結婚が手に入っても

次の足りないを探して満たされない気持ちで人生を過ごすんだと思う。

 

だから、足りてる、私は満ち溢れてるし、幸せなんだってことを

ちゃんと受け止めようと思う。

 

幸せだと認めるのはとても勇気がいることだ。

アドラーじゃないけど。

 

不満と不安を探したほうが人生はとても楽ちんだ。

疲れるけど、嘆いているっていうのは逃げてるってことだ。

 

だから前進しない。

 

私は今満たされない女の顔してるんだと思う。

 

だから何事もうまくいかない。

 

夢や希望に溢れた微笑みを口元に添えて

意地悪じゃない目つきで、素直に幸せや眼の前に感謝する

そういう気持ちが足りてない。

 

だから魅力がたりない。

 

 

 

婚活ってパラドックスだと思う。

やればやるほど、悪い深みにハマっていく。

 

そして、勝ち組女子を見て比べて疲れてしまう。

なんで自分は、、って思ったり

自分より下の人を無意識に探しに行ってしまう。

 

その事自体がすごく性格悪いのに。

 

自分を見つめるのが婚活なのに

他人や周りを見ちゃう。

 

世の中の勝ち組女子(もてる。かせぐ。きれい。性格はまちまち。)は

何が私と違うんだろうと思ったんだけど

 

正直、生まれ持った容姿は大事だけど、そこじゃないんだと思う。

もちろん、見た目で人生楽になるのはたしかにそうだと思う。

(ブサイクすぎて整形したらめっちゃ人生楽になった話とか聞くし。)

 

ただ、ブサイクを放置しているか

ブサイクでも努力しているかの違いが

自信になるし、美しさなんだと思う。

 

容姿がすばらしくても、見た目不潔だったらやだもんね。

内面がグラグラしてる私は、自信が必要だ。

根本がぐらついてちゃダメだ。

 

そんなことを思って、婚活をやめます。

 

私が結婚しようがしまいが、

私のことを魅力的だ、好きだと思ってくれる人を

たくさん作ったり

今いる大事な人達とお互い100歳になっても大事に思える関係をつくることのが

すごくすごく私の幸せへの近道だ。

 

そして、それは一朝一夕ではできないことだけれども。

 

そんなふうに決意できたのは、旅行いったからかも。

ぼんやりとした時間で、あくせくせずにフラットになる時間って大事だ。

 

いかに忙殺されてるか、ってことだなぁ。

ブラックかとか長時間労働とかじゃなくて

自分自身に目を向ける心を殺してたら、それはある意味忙殺だと思う。

 

考える、動く、フットワークは軽く。

心はすなおに。

やさしいことばをやさしいきもちをもつこと。

 

そういうのから遠ざかりすぎた。

幼心の君に戻ろう。

弱さと向き合う。

早いって思うのですが、彼氏と別れました。


セナ並みにはやかったなぁー。



落ち込んで浮上して

相変わらず寂しさを飼い慣らせないなぁと

ぼんやり考えてるんですが


私は本当に弱い。


友達には


意志が強いとか

自立してるとか

仕事バリバリ頑張ってるとか

自分を持ってるとか

色々言ってもらえるけど


全然そんなんじゃないなーと思う。


図らずも別れた彼氏と話してて


私の生活は割と恋愛以外は

リア充だと気づいたんだけど


私自身は自分が何者でもなくて苦しい。


趣味も友達も仲の良い職場もあるけど

だからといって私は全然成長してなくて

努力と孤独が嫌いなダメな奴って感じ。


インスタオシャレだよとか言ってくれる人いるけど、孤独で悲しくてなぜ生きてるのかとかなぜ働いてるのかとか意志と目的がない人生をお茶を濁してる気持ちなんです。


ミヒャエルエンデのモモに

あなたはこんなに時間を無駄にしてる!と

陽だまりのような時間を否定する時間泥棒が出てくるけど


その陽だまりの時間は幸せだけど

なんだか肯定できないんだ。


よくわかんないけど。


コールアンドレスポンスで

何も自分に返ってきてない感じがするからかな。


でもこんな自分のスタンスのまま何か資格をとっても、きっと幸せにはならない気がする。


理想ってなんだろう。


お茶を濁してるのも楽しくはあるけど

ふとした瞬間とても不安。


朗らかな女性になりたい。

いつくしみ深き

友なるイエス

我らの弱きを知りて憐れむ


絶賛憐れまれてます、ジタバタOLです。


彼氏ができたんですが、彼氏ができると色々わかることがある!


男友達と一緒にいる方がラクだし楽しいな、とか。


本末転倒すぎるかなー。


まだ相手のことよく知らないから疲れるなーとか。


気を置けない感じでいられない付き合いは初めてだなーとか。


ベッドの上では楽しい。

逆にそれ以外は会話がなさすぎて心配になる!!


無関心なのか?

私もあんまり自分のこと聞かれないから

彼のことを聞けない!!


もどかしー


本当に年をとると

愛する力も愛される力も目減りしてすり減っていく。


期待値調整を自分で自分にかけちゃうからかなぁ。


周りから応援される恋をしたいんだが。

結婚するまでゴールじゃない?

婚活って本当、考えさせられます。

結婚したいからやってんだけど、結婚が幸せの必要条件と定める限り結婚しないと幸せになれないし

結婚のこんなはずじゃなかったに苦しむだろうし。


むずい。


結婚をゴールと見定めれば見定めるほど

自分見失ってこんがらがる!


結婚もワンオブチョイスであって

絶対条件にしなくて

自分1人でも幸せな自立してる人が

人生の勝者だよなぁ。


それにしても、婚活って

彼氏をつくるまでも一苦労なのに

彼氏ができてからも努力いる。


人は変えられないから自分を変えるしかないって何度も何度も繰り返し言い聞かせ

不満を溜めず楽しむことだな。


うん。


幸せになる覚悟を

結婚してもしなくても

私は幸せだと胸を張って言える勇気を


そういう女性になって、将来クウネルの表紙になります。


2018年9月1日 ジタバタOL

婚活の副産物

婚活ってあくまでゴールは結婚だと思うんですよ。

もちろん結婚はスタートだから、変な妥協はできないけど、やっぱり結婚してもいい!ってお互い思える相手と結婚するのがひとまずのゴールなのですよ。


って考えるとマジここ2.3年はドリブルしかしてなくてシュート決めてない感です。


結婚してないってとこだけを拾えば、本当にそう!

結婚に近づいてるのか1ミリもわかんないし

元彼と別れなきゃシュート決まってたと思うと

ゴール前でいきなりボールをディフェンス側にパスしちゃった感じだし

いろんな人にパスしてみるけどいっしょにパス回ししてくれる人にはなかなか出会えないし


マジぐるぐる回ってバターになるんじゃない?って思うわけですよ。


実際バターになりかけてる。


あんまり気にせず、次の人と会うからメンタルには来ないけど、あんまりうまくいかないと私がダメなのかなーと思ったりもする。


誰かフィードバックして!


この前人のこと30点男とか言ったけど、私もしてほしい!!!ダメ出ししてほしいよー!!!!



まぁいいや。

それはそれとして、婚活の副産物は結構あるなと思うんですよ。



今回はね、そんなお話。



まずひとつめ。

知らなかったものを知る。

アプリとか本とかサイトとか彼の経験とか色々。

これはなかなか得難いんですよ!

婚活っていう見ず知らずの人だから違う海の情報入ってくるというか。


一番良かったのは、アマゾンプライムを教えてもらったことですかね。


私が全然文明開化してないから、アマゾンプライムだと当日便で食品系をお届けしてくれるって知らなかったんですよ。


で、教えてもらって体調悪い時に使ってちょーーーべんり!でした。


これはほんと活きるライフハック



ふたつめ。

自分の価値観を知る。

どこを好きになってどこを好きにならないとかわかりやすあですねー。

あの人もこの人も話題は盛り上がったのになー、あの人には何も感じないや。

この人は好きだけど。的な。


なにが違うんだって、大抵顔だよねw

あと雰囲気。

波長ってあるんだなぁ。


合わないと開始5分で帰りたいもんね。

帰れたらいいのに。。

帰られたら凹むだろうけど。


みっつめ。

妥協を覚える。

何人も会うと、自分の中の当たり前が覆る。

そうするとねー、私が求めてたコレは求めすぎなんだなーとかね、なる。


いい意味で妥協を覚える。

謙虚になるんだと思う。


私が覚えた妥協は2度めにデートしたいとお互い思えるのはかけがえないこと、でした。


今まで付き合ってきた人は、当たり前だけど、すんなり2度目、3度目のデートにこぎつけるわけ。


波長があうしね。

あと、向こうが私を好きで、私はそれに気づいてない場合も2度目のデートはすんなり成立するわけ。


でも婚活はそうじゃないんだよねー


お互いある意味次のコマ抱えてるからね。

よっぽど盛り上がらないと次また会いましょうとはならない。


いい人だったなーと思っても、

それだけ、ってことがめちゃくちゃある!


私が相手に望んでもダメなこともあるし

相手が私を好きだって思っても

私はそうじゃないこともある!


だからね、3回デートするだけで

それはだいぶいい事なんだなって思うようになった!!


粗探しの前に、3回会おうと思いあえたから

これは縁があるのかなーみたいな!


そんな感じ。


よっつめ。

あとずっと婚活してると男目線を意識するよね。

男の喜ばせ方とか忘れない。

そういうのは婚活で大事だなと思っている。

恋愛作法も、恋愛してなきゃ忘れるからね。



そんなわけでした。

まだまだある気がするけどこのへんでー!

良い一日を!