ジタバタOLのすべて

東京育ち婚期を転勤でフイにする。人生は常にジタバタしている。我ながら文章の才能本当にある。モノカキの依頼はいつでもTwitterでウェルカムです。

もしかして生きることに私は一生懸命でしょうか。

ブログを読んだ友人たちから「大丈夫?」と連絡が来て

ありがたいやらすまないやらです。

 

こんばんは、ジタバタOLです。

 

殺してくれる人募集も含めて死ぬ方法を改めて再検討したんですけど

やっぱりうまいこと理想的に死ぬのは難しそうで

生きるしかないんだなぁ、、、という気持ちです。

(ちなみに一人暮らしでも自宅で死ぬ方法は発見した。

 発見したけど、やっぱりねー失敗率が高そう。あと単純に怖い)

 

積極的に生きたい!生きていく希望がある!ではないけど

いったん死にたいの嵐が去った感じ。

(たぶん毎月1回は来るから、来月も死にたい嵐は来る気がする)

 

死にたいオオカミ少年みたいになってきたな。

 

でも本当に死にたい嵐の最中ってしんどい。

こんな嵐のないメンタルで生きていたかったなーというのが正直な感想。

 

よくブログを読んだ皆様より「めっちゃ考えすぎてるね!」という感想を頂くけど

もともとの気質とかで、なかなか考えないということができない。

 

自分の価値とか実存にまったく自信が持てないから

生きていくのが日々しんどい。

 

なんで自分はこんなんなのかなーと突き詰めて考えたら

幼少期からの発達課題をクリアしていないんだなと思った。

親の愛に懐疑的なので、何をしても自己肯定ができない。

両親に気持ちをぶつけたけど、あんまりうまくいかなかった。

 

父はまったく私を傷つけたという意識がない人だったので

真っ正面から「あなたの育て方は私を傷つけた」と伝えられたのは良かったなと思う。

 

このまま私の気持ちを知らずにボケられたり死んだりされたら、

一生モヤモヤしたものを抱えたまま生きていくことになりそうだったから

とても勇気のいる告白だったけど、もう他人に伝えるだけでは慰めにも解決にもならなかったから、本人に伝えるしか方法がなかった。

 

伝えたところで、何も私の心のしこりは解決しないのだが。

もっと愛してもらいたかった、不安のない家庭に育ちたかった、という思いは

一生捨てられない気がする。

 

今でも友達の家の話を聞くと、幸せそうで羨ましいし

「なんで私は得られなかったのかな」と悲しくなる。

 

決して親に感謝していないというわけではないのだが。

むしろお金に困らず大学まで出してもらい、やりたいといったことはやらせてもらい、

父母から得た教養や言葉は少なからず私の実になっているし

酒乱もDVもなかったんだから、世の人には「恵まれてる」と言われるんだろう。

 

実際、恵まれてるよ!ともし言われたら「そうだね」と肯定する。

 

でも辛いとか苦しいとかそういうのは客観的事実の問題ではない。

 

両親の不仲も、私が生まれる前からの話のようだし

私がどうこう介入して、かすがいになれるものでもなかったと思うし

不仲になる理由もわかるし、母が父を嫌いなのも理解も共感もできるけど

あんなに仲良くないなら私はなぜ生まれてきたのかなと不思議でならない。

(2人目ほしかったのかな。)

 

最近会った人が「夫婦関係が破たんしそうだったから子どもを作った」と言ってて

そんな悲しい生命の誕生があるのかとびっくりしたんだけど

どうやら世間ではわりとあることらしい。

もう、バタ子はピュアだからそんなソリューションのための命なんて

ちょっと受け入れられない。(私がそういう生まれ方をしたと思ってるわけじゃなく)

 

破たんしそうな夫婦が子ども作ってうまくいくかなんて凄い博打だと思う。

私が独身だからわかんないだけかなー。。

 

 

父に常に青天井で求められてきたから、

何かできるようになっても空虚だし自己肯定できないし

 

母は私を信じて励ましてくれてとても良い母だし無償の愛とは思っているが

部分否定されてきた過去を私は許せない。

(「あなたのお父様と私のお父様は違うのよ」は一生忘れられないな。

 私だって選んであの父親のわけではないのですが。

 あなたは良い父親に恵まれてラッキーでしたね、としか言えない。)

 

許して忘れたいけど、忘れられない。

両親を同情するとしたら、私がめちゃくちゃ繊細なことはかわいそうだ。

私が図太かったら、こんなことを私は悩まないし

家庭の平和は守られたんだろう。

(でも私も「繊細になるぞ!」と意思決定してこの性格なわけじゃないから

 もうどうしようもない。)

 

 

いろんなことに疲れて、この前婚活アプリを全部退会したんだけど

(今の私じゃ、心身が不健康すぎて好きな人ができても上手く恋愛できない)

「言い寄ってくれる人はこの数年も何人かいたんだから、

 私が理想下げれば結婚はできたんだろうな。」と思いつつ

 

「いや、愛してない男との間に作った家庭で幸せになれる気がしない。

 結婚できないとしても理想は絶対下げない。」

と固く決意した。

 

まぁでも世の中3分の1が離婚するわけですし

愛してた男だって愛してない男に変わるんだろうから

(私だって愛してない女になっちゃうんでしょうね)

そんなこと言ってても無駄なことなのかもしれませんが。

 

別に私の両親だって、結婚するときはお互い好きだったんだろうと思うし。

 

父はよく自分自身のことを「他山の石として思いたまえ」と言っていたが

その石から少なからず削り出したDNAを持ってる私なので

他山っていうか同じ山なんですよ。

 

親だって精いっぱい生きてきて一生懸命育ててくれたんだから

このような思いは私一人でどうにか消化できたらよかったんだろうな。

 

伝えないともう耐えられなかったけど

伝えても何も解決しないなー。

 

精神科の医者には

「今更(親にいったの)!?そんな過去のことより今をどうするかでしょ」

と言われた。

 

おっしゃるとおりですね。でもそのように定規で割り切れないのだよ。

 

 

過去を割り切って、自分の心の安全を確保して

明日への希望に満ちて生きていけたらいいな。

 

死にたい嵐が吹かない心を手に入れたい。

セルフネグレクトと救世主

中年の引きこもりが61万人だそうで。

 

https://www.excite.co.jp/news/article/Toushin_12115/

 

東京ドームの公演だったら11公演やったら、やっと埋まるかな。

 

 

こんばんは、ジタバタOLです。

 

辛いと死にたいと孤独と涙を繰り返して繰り返して

今日も生きてるんですけど

(笑ったり楽しかった日もあるよ。)

引きこもりになる人たちを笑えないなと思います。

 

親が金持ってて、引きこもりできる財力がある人が61万世帯と思うと

それはそれでノンキな話というか、おめでたい話だなと思うけど

そのような社会的生産性のないWalking Deadが61万人と思うと

バイオハザードより深刻なわけで。

 

その人たち全員が働いてくれたら、もっと違った世界だろうに。

 

と思いつつ、61万人の引きこもり達は

「働けない・生きているのが辛い」んじゃないかなと思う。

 

幸せな引きこもりってあんまりいないと思うんだよな。

 

 

ちなみに引きこもりで一人暮らしすると孤独死・腐乱死してしまうケースもあるそうで

そこに至る最初の一歩はセルフネグレクトだそうである。

 

簡単に言うと、自分で自分の世話をしなくなる、ということなんだけど

(食事とかお風呂とか)

鬱になるとたいていセルフネグレクトし始めるので

気持ちわかるなとしか言いようがない。

 

仕事がうまくいかないことで、自分の社会的価値の低さを悲観したり

誰も自分をわかってくれない、と辛くなって自己肯定感が低くなったり

人と比べて何もない自分に絶望したり

死にたくなる種なんてそこら中に落ちていて

「生きていて楽しいこともなくて、愛してくれる人も愛する人もいなくて

 100年時代を生きるの。。。。?」って。

 

 

私も、自分の存在価値に懐疑的で

「どうせ」と思っているフシが非常にある。

 

何をしても満たされなくて

いつも不安で怖い。

 

グレースケールの濃いサングラスをかけていて

世界はモノクロームで、

自分が食べるもの、着るもの、化粧、すべてがどうでもよくて

むしろこのまま自分を「どうでもいい」と思い続けてたら

消えないかなぁと思いつつ、消えることもできず。

 

誰かに、自分が望むほどに愛されることが無理なら

せめて自分で自分を愛さないと始まらないのに

自分を愛することすら困難で。

 

なんのために生きているかも

何を楽しみに生きて行けばいいのかもわからず

ただ毎日が流れていくのをひたすら耐えている。

 

一瞬のおしゃべりや笑いではもう焼石に水で

すぐに戻る空虚感と自分の無力感・無益感に眠れなくなる。

 

今日もまた生産性のない私。

 

インナーチャイルドを無視して

強い私になりたくて

そんなトラウマにとらわれないオトナになりたかったけど、無理だった。

 

 

無益で無力な私を愛することはまだまだできそうにないけど、

せめてずっと孤独で引きこもってた、私の中の私に手を差し伸べたい。

 

辛かったね、と言ってあげたい。

もう大丈夫だよ、と言ってあげたい。

 

誰にも救えなかった私を、私が救いたい。

 

要らないものを貰いたくない

今日、恋人から貰う誕生日プレゼントについて知人と話してまして

価値観いろいろだなぁと思いました。

こんばんは、ジタバタOLです。

サプライズとか相手が選んだもので自分が気に入らないというのは不幸だと思っていて、基本的に決め打ちで欲しいものを買ってもらいたい。

逆も然り。

かつ、高いものもあんまり欲しくなくて

なぜなら同額のものを相手に返すのが嫌だからである。

要らないものを貰いたくないというのは小さいことでもそうで、

例えば職場でまわってくるチョコや飴も嫌。

要らないんだよなーと思いながら貰うのが苦痛。

もちろん気に入ってるものとか

ずっと大事にしてるものもたくさんあるけど!

特に嫌なのが、バーとかで貰う、注文してない食物。

ケーキもらったからおすそ分け、みたいなのが

もうね、、、本当にやめてほしい。

その場で出されるから食べないといけないし

別に食べたくないし、たべたくないものは胃に入れたくない。

仲良しのお店なら間髪入れずに断るんだけど

そうじゃないと本当に困る。。。。

欲しくないもの要らない。

欲しくないもの貰うと捨てづらい。

断捨離しづらい。

生きづらい。

お礼言わないといけないし

場合によっては、お返ししないといけないし

本当に嫌だ。

全てにおいてそうだなー

プレゼントみたいな物質でも

アドバイスとかも

ココロが壊死する。

要らんもんを体や心に入れたくない。

ハイリーセンシティブパーソン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3

 

ハイリーセンシティブパーソンというものがあるらしい。

あ、こんばんは、ジタバタOLです。

 

休職中に、心の中に「ジャッジメンタルな不寛容な父と許容と寛容の母」がいることがわかり、ダブルバインドに苦しむんだなーということを思った。

 

兄は私の真反対。

母の友人が母に「兄は母のポジでバタ子ちゃんは母のネガってかんじ」といったらしいが、ほんとそれ!!

 

考え込みすぎる&気にしすぎる私と

「へぇそうなの?」と気にも留めない兄。

 

兄は何でも手に入れているように見えて羨ましい。

(結婚して、キャリアもあって、友達もいて、子どもも2人いる)

 

友達はありがたいことに私にもいるけど、卑屈な自分とさよならしたいよ。

感受性も強いと生きていくのが大変だよ。

凪のお暇を笑えない。

凪のお暇 コミック 1-5巻セット

凪のお暇 コミック 1-5巻セット

 

 

空虚な自分を見つめるのは疲れる!!!

 

頑張るのはもうやめて、生きていきたいな。

頑張っても病むだけだよ。

 

センシティブを活かして生きていきたい。

 

小説でも書こうかな。

 

つむぐ、うたう。

最近よく会ってる高校時代の友達が

歌い手として行動し始めているんですけど、

我が家でご飯食べてる時に

「バタ子が詞を書く、私が曲作る!」

と言ってくれて握手して

その夜にひとつ書き上げました。

小さい頃、詩人になりたくて

「詩人になりたい」と言ったら父に

「儲からないぞ」と言われてショックを受けて

筆を置いたのですが、かれこれ20年以上経って

再度筆をとった。

曲にするとなるとサビを考えないといけなくて

普通に詩を書くのとまた違ったけど

めちゃくちゃ楽しかった。

重暗い詞になったけど、友達がどんなメロディにしてくれるか楽しみ。

やっぱり書くことは最も私を癒す。